これを知らないと、あなたのやさしさがマイナスに働きます

「私が担任すると、ダメになっちゃうんですよね...」

これは、かつて幼稚園の先生をしていた人から聞いた話です。

その人は、今は幼稚園の先生を辞めて、別の仕事をしています。

いかにも優しそうで、幼稚園の先生にぴったりという感じの人だったので、なぜ辞めたのか聞いたときの答えが、冒頭の言葉でした。

その人は、子供が好きで幼稚園の先生になったのですが、園児に優しく接しすぎてしまい、園児が甘えて、ダメな人間になることが分かったそうです。

そのことが分かっても、つい優しくしてしまうので、自分には合っていないと思って辞めたとのこと。

たしかに、人にやさしくすることや、人の力になってあげることは、素晴らしい行為です。

しかし、安易に手助けをすると、人を弱くし、せっかくの優しさが、マイナスに働くことになり得るのです。

良かれと思ったことが裏目に

私も以前、軽い気持ちで手助けしたことが、マイナスに作用してしまったことがありました。

あるときAさんが、Bさんに頼み事があるけど、言いづらいと私に言いました。

私は、AさんともBさんとも仲が良かったし、Aさんの頼み事は大した内容でもなかったので、「じゃあ代わりに、Bさんに言ってあげようか?」と聞くと、お願いしたいということでした。

私が、Bさんに頼みごとを伝えると、Bさんは、「なぜAさんが直接言わないのか?」、「Aさんは私を使って言わせているので、卑怯なやり方だ」と不満を漏らしました。

この後、BさんはAさんに、なぜ自分で言わなかったのか聞いていました。

Aさんは、「私が言ってくれると言うから...」と答えていました。

これを聞いて私は、失敗したことを悟りました。

良かれと思って、手助けをしたことが、BさんがAさんに対して悪感情を持ち、更にAさんの自主性を奪うという、二つのマイナス要素を作り出す結果になってしまったのです。

本人がやるべきことを、肩代わりしてあげるべきではなかったのです。

言いづらいという話を聞いたときに、どのように言えばいいかということを、アドバイスすれば良かったと感じました。

そして、次の言葉が浮かびました。

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ

これは、老子の言葉として知られる格言です。
(出典はユダヤ、東南アジア、アフリカ起源など諸説あります)

意味をストーリー仕立てで、紹介しましょう。

昔、お腹を空かした人が、魚を釣ってきた漁師に向かって、「私はずっと食事をしていなくて、腹ペコです。あなたの持っている魚を分けてくれませんか」と言いました。

すると漁師は、「魚をあげれば、お前は、今日一日だけは飢えをしのげるだろう。
しかし、魚の釣り方を教えれば、お前は自分で魚を取ることができる。
一生食べるのに困らないだろう」と言いました。

もし、漁師が魚をあげたら、お腹を空かせた人は、次の日も、また次の日も、物乞いをすることになっていたでしょう。

人に頼ってしまい、自ら解決しようとする主体性は生まれないでしょう。

魚の釣り方を教えるのであれば、魚を釣るのは腹を空かせた自分です。

頼ろうとするのではなく、主体的に行動するようになるでしょう。

この格言の示すとおり、その場しのぎの対処法ではなく、自分で解決する方法を教えてあげることが、本当に相手のためになることなのです。

まとめ

安易なやさしさは、依頼心や甘えを生むことになります。

自主性を奪い、努力する気持ちをなくしてしまうのです。

自分のことは自分で解決するんだという、自主自立の精神を妨げることになります。

本当に相手のことを考えるのなら、相手が解決すべき問題は、相手に解決させなければいけません。

問題を解決してあげるのではなく、自分で解決策を見つけて、実行できるようにすることが、本当のやさしさです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする