【電子書籍】お金にとらわれることなく「豊かな人生」をつくる

「人生、このままでいいのだろうか?」と思ったことはありませんか?

人は、一般的に外面的な成功を目指して生きています。

 

お金、職業的成功、周囲からの評価、地位、自己実現、、、

追及するのは自己の利益だけです。

 

自己の利益ばかりを追い求めていると、自分を守り、自分だけが得をすればそれでいいという自己中心的な考え方になっていきます。

 

そして、日々の生活に忙しく、そもそもなぜ、何のためにそれを追い求めているのかについて、まともに考えることもないでしょう。

 

それでも時には、漠然とした不安を感じることもあるかも知れません。

 

今まで働いてきて、昇給も昇進もした。

お金も物も増えたけど、どことなく満足を感じていない。

何か物足りない気もする。

 

・このままでいいのだろうか?

・何のために働いているのか?

・なぜお金や物がもっと欲しいと思うのか?

 

ふと、このようなことを思ったことがあるかも知れません。

 

そうは思っても、日々の生活が忙しくて、そのうちにそのようなことについて深く考えなくなり、今までと同じような生活を送っている・・・

 

このように漠然とした不安を感じたことのある方は、そろそろ、「人生で目指すもの」について見直す時期にきているのかもしれません。

考え事をする人の影

人生は、お金を稼ぎ、自分の利益を目指すだけでいいのでしょうか?

 

現代では、お金や自己の利益を重要視しすぎている人が多すぎるの実情ですが、それは恐らく、お金に対する考え方や、人生に対する考え方について間違った思い込みをしているからです。

 

資本主義経済の中で普通に生活していれば、お金や自己の利益を重要視しすぎになるのも無理のないことなのです。

 

しかしこれは、経済社会や大衆メディアから発信されている情報によって、踊らされている状態とも言えます。

 

『お金にとらわれることなく「豊かな人生」をつくる』を読めば、世の中に蔓延しているお金にまつわる”常識”には、もう踊らされなくなり、「人生で目指すもの」も変わって来ることでしょう。

 

そして、お金の心配をすることなく豊かで幸せに生きることができる可能性が高まります。

 

この電子書籍には、お金と人生に対してどのような考え方をすれば、お金にとらわれることなく、そして、豊かで幸せな人生を生きることができるかについて書いているからです。

 

本書の目次から内容の一部をご紹介すると・・・

・お金とは何か?
・なぜお金が欲しいと思うのか?
・お金持ちの本当の姿
・確実にお金持ちになる方法
・お金と人生の楽しみ喜びの関係
・人生の喜びをどこに見出すか?
・喜びをもたらす活動を選ぶときに考えたいこと
・お金不足に陥らないための根本的解決策
・労働収入と不労所得
・不労所得に対して知っておきたいこと
・投資に関する基礎知識
・なぜ働くのか?
・仕事に対する3つの捉え方
・老後の心配がなくなる人生設計
・消費についてのマインドセット
・購入するときのルール
・不合理な消費を行いやすい状況
・お金の使い方 – 何にお金を使うのが悪く、何にお金を使うのが良いのか?
・お金を使わない方が良いこと
・何にお金を使えば良いか
・日常生活での心得
……など、必須情報を全187ページに凝縮した内容となっています。
これを読めば、もしかしたら、今までとは違った人生になるかも知れません。
お金にとらわれることなく「豊かな人生」をつくる

少なくとも、お金に対する考え方は変わることでしょう。

そうなれば、目指すもの、考え方、物事の判断基準が変わってきて、そして人生にも影響が及ぶはずです。結果的に豊かさを手に入れて、より良い人生を歩むことができるはずです。

お客様のご感想

いつも使うお金のことなので、常備本として手元に置き、日々活用しようと思います

松下 様 (60代・男性)

興味深い内容で、楽しく読み進めることができました。

読み終えての感想…素晴らしい本でした。

いつも使うお金のことなので、常備本として手元に置き、日々活用しようと思います。

特に印象に残ったことを3つだけ挙げてみます。

 

1.全体的に平易な言葉で書かれていて、理解しやすかったです。

2.多くの具体例があり、それぞれについて、納得することができました。

3.読み終えたあとに、今をより感謝し、前向きな思考と行動を強く意識するようになりました。

素敵な本です。ありがとうございました。

 

電子書籍の価格は1,990円ですが、今ならリリース記念につき50%オフの995円で購入できます。

期間限定のお得な価格で手に入れたい方は、お早めにお申し込みされることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました