相手の本音を見抜く方法

コミュニケーション

他人の本音、人の本心を見抜くことができたら、仕事でも家庭でも、恋愛でも、友情でも、人間関係がうまく行きますよね。

 

「口ではああ言っているけど、本当はどう思っているのだろう?」

 

こんな風に相手の気持ちがわからないときに、相手の本音を見抜く確実な方法をお伝えします。

言行が一致しているか

考える人

言っていることと、行動が一致しない場合は、「本当はどっちなの?」と思うかもしれません。

言っている言葉を信じたくなりますが、この場合、行動の方が本音です。

 

なぜなら、口では何とでも言えるからです。

口で言うのは、労力が要らず、簡単ですが、行動するには、それなりに労力が必要です。

 

たとえば仕事で、「一緒に協力して頑張りましょう」と言われたとしても、全然行動として表れていないのなら、それは建前であって、本音では協力しようとは思っていないのです。

 

恋愛関係で、約束を守らない相手でも、言い訳や甘い言葉を何度も信じてしまう人がいます。

恋は盲目状態を作り出すので、信じたくなる気持ちは分かりますが、この場合も、言葉ではなく、約束を守らないという行動の方が相手の本音です。

言葉ではなく行動を見るのが確実

事実を観察する

相手の本心を見抜くには、行動を見るのが確実です。

 

ビジネスの場などで、「またお話ししたいです。ぜひ、またお会いしましょう」などというような社交辞令は、ほとんどの場合、口先だけで、行動は伴いません。

 

もし、本当に会いたいと思うのであれば、連絡をするなどの行動となって表れます。

 

また、多くの人は、深く考えるということをしないので、自分でも本心かどうかわかっていないうちに、軽はずみに発言する人も少なくありません。

 

「あれが約束だとは思わなかった」

「なんかやる気が出なかった」

「言ったときは、そう思ったけど、いざ行動に移そうと思ったら、面倒臭くなった」

 

 

これらの言葉は、約束を守らなかった人から、私が実際に聞いたことのある言い訳です。

このような言い訳が出る理由は、相手が本心から約束を守ろうとは思っていなかったからです。

 

「頑張ります」と言って、それが行動となって表れていない人は、本心では頑張る気がない人です。

本心から思っていることは、行動として表れます。

 

だから、相手の本心が知りたければ、言葉ではなく、行動を見ればよいのです。

自分の本心を知るには

真実の目

「本音は言葉ではなく、行動を見る」

 

これは、他人だけではなく、自分自身にも言えることです。

 

自分では、何かをしたいと思っていても、行動していないのなら、それは本心からは、思っていないということです。

 

「そんなことはない、やりたくても、やれない理由があるんだ」と言う意見もあるかも知れません。

 

それは確かにあるでしょう。

 

しかし、心の底から本当にやりたいと強く思っていることなら、どんな障害があってもやりたい思うはずです。

 

何がなんでもやりたいと、真剣に思っていれば、必ず行動として表れます。

 

行動に表れていないのなら、自分では本心から思っているつもりでも、実は、「できたらやりたい」くらいの、表面上の軽い気持ちでしかない可能性が高いのです。

 

行動する気が起こらないというのは、心の底から本当に望んでいることではないという、判断材料になります。

 

スポーツや勝負の世界で、勝ちたいと本当に思っている人は、たとえ練習をしたくないという気持ちがあったとても、勝ちたい気持ちの方が強いので練習をしてしまうものなのです。

まとめ

他人が口で言っているだけで行動が伴っていない、あるいは自分が思っているだけで、行動に移していないのなら、それは本心から思っていることではありません。

 

他人でも自分でも、本心から思っていること、心の底から真剣に思っていることは、行動になって表れるからです。

 

相手の本音を見抜くには、言葉を鵜呑みにしないで行動を見ればわかります。

 

自分の本心を確かめたければ、少しでも行動に移しているかどうかを、確認すれば分かります。

人間関係で疲れていませんか?
この本で書いてあるのは、相手をだまして自分だけが得をするようなテクニックではありません。 自分にとっても、相手にとっても良い、「お互いに利益になる」方法だけを知ることができます。
メルマガ申込みフォーム

コミュニケーション
smart-evolutionをフォローする
スマートエボリューション|あなたの成長を支援するコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました