人間関係がうまくいかない人が今すぐに知っておくべきこと

悩むビジネスウーマンコミュニケーション

色々な人から話を聞いてみると、人間関係に疲れるとか、人間関係がめんどくさいという人は割と多いです。

 

そのような人は、「できれば、人と関わらずに生活したい」とか、「だから、友達がいないんですよね」というようなことを言います。

 

しかし、私たち人間は社会的な生き物なので、人と関わらずに生活していくことはできません。

社会の中で生きていく限りは、人と関わる必要がありますよね。

 

今回は、人間関係がめんどくさいと思っていたり、人間関係に不安がある方へ、それを解消する方法をお伝えします。

人間関係に疲れる原因とは?

怒られるビジネスウーマン

私たち人間は、一人の力だけでは生きていけません。

社会の中で、一人だけで、生活していくのは無理でしょう。

 

色々な仕事をする人がいるおかげで、私たちの暮らしは成り立っているのです。

 

どんな人でも、社会で生活する上では、多かれ少なかれ、人と関わる必要があります。

 

だから、コミュニケーション能力や、察する能力、相手のことを理解する能力などの「人とうまくやっていく能力」は欠かせません。

 

この、「人とうまくやっていく能力」が低いと、人間関係にストレスを感じます。

つまり、人間関係に疲れたり、人間関係がめんどくさいと思ったりするのです。

 

人とうまくやっていく能力がある人は、周囲の人との関係が良好なので、人間関係で疲れるということがありません。

 

人間関係に疲れないためには、「人とうまくやっていく能力」をアップする必要があるのです。

 

「人とうまくやっていく能力」が低いと感じる人は、今のままでは、良好な人間関係が自然に生まれる可能性は限りなく低い、ということを心得ておかなければなりません。 

「人とうまくやっていく能力」が低い原因

落ち込む女性

人とうまくやっていく能力は、生まれついて差があるわけではありません。

 

この能力は、人が成長していく過程で、身に付けていくものです。

 

「人とうまくやっていく能力」が低い人は、甘やかされて育った人が多いです。

 

例えば、おばあちゃんっ子だったり、一人っ子だったり、何の不自由もなく、乳母日傘で育てられたりした人です。

 

このような育ち方をすると、なんでも自分の思い通りになったので、自己中心的な考え方が身に付き、利己主義になってしまいます。

 

そして、利己主義の人は、周囲の人とうまくやっていくことが難しいので、人間関係を苦手にしています。

 

もしあなたが、該当していると思ったら、利己主義的な考え方を改めていく必要があります。

 

どうすれば、人とうまくやっていく能力を高められるか?

握手するサラリーマン

まずは、今のままの能力では、良好な人間関係が自然に構築されることがないと認識することです。

 

いつか、あなたの周りに、とてもいい人が現れたり、周りの人たちが変わって、人間関係が良くなると言うことはないでしょう。

 

良好な人間関係が作れるかどうかは、概ね周りの人は関係ありません。

 

周りがどんな人たちであれ、良好な人間関係が作れる人と、そうでない人がいるだけです。

 

つまり、良好な人間関係を作るには、あなたが「人とうまくやっていく能力」を高めるしかないのです。

 

そのためには、努力が必要です。

 

利己主義な人は、努力することを嫌う傾向にありますが、どんな能力を高める場合でも同じですが、人とうまくやっていく能力を高めるためにも、努力が必要になります。

 

努力すると言うことは、そのために時間と労力をかける必要があると言うことです。

 

 

人とうまくやっていく能力を高めるための第一歩は、家族、職場、近所の人など、身近にいる周囲の人たちに関心を持つことです。

 

周りの人に関心を持って、他人を理解しようとし、思いやりの気持ちで接するのです。

 

人間関係がうまくいかない人は、自分中心に考えるクセが付いているので、自分のことしか考えていません。

 

自分からは、他人に対して、理解しようとか、思いやりの気持ちで接しようとは思いませんが、他人には、自分には思いやりを持って、優しく接してほしいと思っています。

 

 

人間社会は、持ちつ持たれつの関係で出来ているので、あなたが他人に関心を持たないのであれば、他人もあなたに対して関心を持たないのです。

 

あなたが他人に対して、理解と思いやりと気持ちを持って接するのであれば、他人もあなたに対して、理解と思いやりと気持ちを持って接してくれます。

 

人間関係が苦手な人は、「他人に関心を持ち、理解と思いやりと気持ちを持って接する」というのは、初めのうちは相当な努力が必要になるかもしれません。

 

しかし、その努力は必ず報われます。

 

良好な人間関係構築のために、時間や労力などを投資すれば、得られるものは大きいです。

 

人間関係から生じるストレスはなくなり、逆に人間関係から恩恵を受けることが多くなります。

 

豊かな人生、楽しい幸せな人生というのは、良好な人間関係から生まれるものです。

まとめ

人間関係良好

人が社会の中で生きていくには、人と関わる必要があります。

 

だから、良好な人間関係を作る能力は、欠かせません。

この能力を高めれば、幸せで楽しい人生を送ることができます。

 

良好な人間関係を構築するために時間や労力などを投資すれば、人生が豊かになり、何倍ものリターンが得られます。

 

人間関係がうまくいかない人は、どんな人に会っても、良好な人間関係は自然に生まれません。

 

人間関係がうまくいかない人は、周りの人たちに原因があるのではなく、自分自身に「人とうまくやっていく能力が低い」という原因があるからです。

 

「人とうまくやっていく能力」を高めるには、初めのうちは、ある程度の努力が必要ですが、それを続けていくと、やがては習慣となり、努力する必要がなくなります。

 

良好な人間関係は自分の力で育てていくという考え方で「他人に関心を持ち、理解と思いやりと気持ちを持って接する」ことが出来るようになれば、人間関係がめんどくさいと思ったり、うまくいかないということもなくなり、人間関係から喜びや幸せが得られるようになります。

人間関係で疲れていませんか?
この本で書いてあるのは、相手をだまして自分だけが得をするようなテクニックではありません。 自分にとっても、相手にとっても良い、「お互いに利益になる」方法だけを知ることができます。
メルマガ申込みフォーム

コミュニケーション
smart-evolutionをフォローする
スマートエボリューション|あなたの成長を支援するコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました