あなたも”怠け者”になっていませんか?

私たちは、誰でも、「できる人間」になりたいと思っています。

怠け者やダメ人間になりたいと、本心から思っている人はいませんよね。

私の知り合いに、そんなつもりはなかったのに、 いつの間に怠け癖が付いてしまった人がいました。

その人は、会社での仕事量が少ないので、 本気を出せば1日で終わる仕事を、3日かけてやっていたそうです。

1日で終わらせてしまって、暇になるのが嫌なので、 ダラダラと仕事をしていたそうです。

その結果、何事に対しても、頑張るという気持ちが弱くなり、 怠け癖がついてしまったというのです。

今回は、怠け癖の恐ろしさと、 怠け者にならないための方法をお伝えしたいと思います。

怠けることの恐ろしさ

1. 怠けグセ思考になる

先ほどの知人のエピソードからも分かる様に、 「仕事だけ」手を抜いていても、怠けグセ思考が身についてしまい、 怠け者になってしまいます。

何かで怠ける癖が付くと、そのことだけでなく、 日常の生活全般的に怠けるようになってしまいます。

頑張ろうと言う気がなくなり、 気質が怠け者になってしまうのです。

2.能力が衰えてしまう

能力も筋肉と同じで、使わないと、どんどん衰えていきます。

怠けること、力をセーブしたり、 能力を温存して活動すると、脳が衰えてしまいます。

必要なときに、全力を出そうと思っても、 怠けていることに慣れていると、全力を出すことができなくなります。

3.喜びが得られなくなる

私たち人間は、頑張って全力で取り組んで、 達成したときに喜びを感じます。

怠けて頑張らないと、達成感、充実感、満足感 というような感情が得られなくなります。

簡単にできることを達成しても喜びは得られません。

例えば、マラソンで、2時間30分かかったのが、 2時間を切るようになれば嬉しいですよね。

力をセーブして、3時間で走っても、喜びは得られません。

脳科学者の茂木健一郎氏は、著書の中でこう書いています。

できると分かっていることを成し遂げても、脳は喜びを感じない。

脳は、少し難しいことをやり遂げたり、 一生懸命になって苦労の末に成し遂げたときに喜びを感じる。

怠け者にならないための方法

1. 何事にも手を抜いて行わないようする

まず、怠けることで、ダメな人間になってしまうことを自覚しましょう。

私たちは、楽をしたい気持ちがあるので、 気を抜くと「今回は手を抜いても良いかな?」、 「少しくらいならいいかな?」と思ってしまうものです。

しかし、それが習慣になってしまいます。

怠けようと考える思考のクセがついてしまうのです。

何事にも手を抜いて行わないようにしましょう。

2. 得られるメリットを考える

全力で行えば、達成感、充実感、満足感などの喜びの感情が味わえます。

また、能力は使えば使うほど、 どんどん上がっていくので、デキる人間になります。

頑張ること、全力で取り組むことで、 得られるメリットを考えましょう。

3.やりがいを増やす工夫をする

自分で目標を決めたり、締め切り時間を設けたりして、 達成する喜びが増える工夫をしましょう。

目標は、自分にとって少し難しいくらいにすることがコツです。

例えば、普通に行うと1時間で終わる仕事なら、 50分で終わらせる目標にする。

これを難しすぎる目標、30分で終わらせるにすると、 どうせ無理だ、ダメで当たり前だという気持ちが生まれます。

それでは、やる気につながりません。

「チャレンジすればできるかも」という目標を作りましょう。

まとめ

自分の能力をセーブすると、どんどん能力が衰えていきます。

仕事を怠けると、怠ける癖がついてしまい、 本当の怠け者になってしまいます。

ノルマがない会社員で、怠けてダラダラしても、 全力で取り組んでも同じ給料がもらえなら、 頑張らない方が得をしているような気になるかも知れません。

しかし、頑張らないと自分自身の能力が衰え、 ダメな人間になっていき、結局は損することになります。

怠けず、物事に全力で取り組むことで、 どんどん能力が上がり、喜びや達成感も得られます。

本気でやらなくてもできるとか、 時間を調整してダラダラやろうという思う気持が浮かんだら、 それは自分をダメにする悪魔のささやきだと思いましょう。

そんな考えは断固拒否して、物事に全力で取り組むようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする