必見!100冊以上の成功本の秘訣を集約した「最強の成功法則」とは?

ビジネス

世の中には成功するための方法を書いた本が、数えきれないほどあります。

 

「思考は現実化する」、「7つの習慣」、「人を動かす」、「成功の実現」、「マーフィー100の成功法則」、「自助論」、「となりの億万長者」、「非常識な成功法則」...。

 

あなたも成功する方法について書かれた本を読んだことがあるかもしれません。

 

ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット始め、成功者たちは、たくさんの本を読む傾向にあります。そして、読書が成功するための役に立つのは間違いありません。

 

私もこれらの本も含め、いわゆる成功法則について書かれた本をゆうに百冊以上は読んでいます。

 

そしてあるときに気付いたのですが、成功法則に書かれている共通のこと、成功法則の核の部分、非常に重要なことは一文に集約できるのです。

 

今回は、あらゆる成功法則に共通している成功法則のエッセンスとも言える「最強の成功法則」をお伝えします。

最強の成功法則とは?

自信にあふれる人

世の中には成功者しか知らない、成功するために必要な特別な「秘密」があるのだろうと思っている人もいます。

 

どこかの物語で聞いたような、賢者の知恵のような、ほんの一部の人だけしか知らない「成功の秘密」があり、その「秘密」さえ知れば、成功できるのではないかと感じるのです。

 

そのような秘密は、情報が伝達するスピードの遅い、何百年も前にはあったかも知れませんが、現在ではすでに出尽くしています。

 

つまり、この世の中には、成功したごく一部の人だけしか知らないような「隠れた秘密」などはありません。

 

今日では、情熱や、好奇心、やる気があれば、ほとんどの情報は手に入るのです。

 

数多ある成功法則を吟味し、成功するために必要な、成功法則の本質ともいえる要素をギュッと集約すれば、以下の一文に尽きるのではないかと思います。

 

 

「心から望む明確な目標を立てて、目標達成を確信し、望む結果が得られるまで行動し続ける」

 

 

いかがでしょうか?

 

恐らく、まったく初めて聞く要素というものはなかったのではないでしょうか?

 

当たり前と言えば、当たり前ことです。

 

しかし、本質というのは得てしてそういうものなのです。

 

 

この一文の中にある4つの要素、「1. 心から望む目標 / 2. 明確な目標を立てる/ 3. 目標達成を確信する/ 4. 望む結果が得られるまで行動し続ける」は、非常に重要なので順に説明していきます。

 

心から望む目標であること

目標に向かって指を差す

人は目標を立てても、心から本当にやりたいと望んだことでなければやり続けることができません。

 

心から望んだことでなければ、あきらめたり、飽きてしまったり、やる気がなくなったりと、途中で心のブレーキがかかってしまうのです。

 

なにがなんでも目標を達成したいと心から望むことや、目標を絶対達成しなければならない大きな理由が必要なのです。

 

短期間で何億円も稼ぐ人は少ないですが、短期間で数億円の借金を返せる人が多いのは、借金をしている人は「借金を返済しなければならない」という大きな理由があるからです。

 

対して、億万長者になりたいという人は、ただ「お金持ちになれば幸せだろうな」と漠然と思っているだけで、強い動機付けがないからです。

 

目標を達成するには、他のことには目もくれず、集中しなければなりません。

 

絶対に達成したいと心からの望んでいるか、目標を達成するための大きな理由がなければ、目標を達成するためだけに、自分の持てる資源(時間、労力、お金など)を集中して使うことはできません。

 

また、世の中というのは、いつも立てた計画通り順調に行くものではありません。

 

目標を達成しようとする間には、困難やトラブルなどはつきものです。

 

「目標が達成できればいいな」という程度の望み方では、目標に向かって歩いているうちに吹いてくる向かい風に何度かあったら、歩むのを止めてしまうことでしょう。

 

目標を達成するには、そのような逆風にあっても、とにかく前に進まなければならないという強い願望が必要なのです。

 

明確な目標を立てること

ゴールを決める

目標を達成する為には、目標の立て方が適切でないと、いくらやる気があっても目標を達成するのが難しくなってしまいます。

 

例えば、いつまでに目標を達成するという期限は重要です。

 

期限がないと集中してエネルギーを使う事ができませんし、モチベーションを保つのが難しくなります。

 

人は期限がないと先延ばししてしまうものなのです。

 

「仕事の量は、与えられた時間いっぱいにまで伸びる」という「パーキンソンの法則」の第1法則の通り、人は時間があると思うと、無意識のうちに時間の使い方を調整するものなのです。

 

 

そこで、私はセミナーなどで、明確な目標を作るためには「SMARTの法則(スマートの法則)」というフレームワークに沿って、紙に書くことをオススメしています。

 

SMARTの法則とは、以下単語の頭文字を取ったものです。

Specific= 具体的である

Measurable= 計測可能である、数字になっている

Agreed upon= 同意している、達成可能である

Realistic = 現実的である

Timely = 期限が明確である

SMARTの法則についての詳細は、下記記事をご参照ください。

SMARTの法則に沿って紙に書くのがベターですが、他に自分にとって使いやすい目標設定方法があれば、それを使って頂ければ結構です。

 

ただし、目標を達成しやすくするためには最低限、「具体的であること」と、「期限が明確なこと」はクリアしている必要があります。

目標達成を確信すること

できると確信する

これは、自分には、目標を絶対に達成できるのだという確信、信念が必要だということです。

 

なぜなら、信じて行わなければ、迷いが生じてしまうからです。

 

迷いはエネルギーを奪います。

 

「本当に出来るだろうか?」という半信半疑の気持ちでは、全力を出すことはできないのです。

 

目標が現実的なものである限り、「できると思えばできるし、できないと思えばできない」のです。

 

できると思ってやれば、困難にも負けず、全力が出せます。

 

たとえ問題が生じたとしても、解決策を思いつくことができるでしょう。

 

思い込みや先入観が、その通りの結果を生むのです。

 

これが、「思考は現実化する」ということです。

 

望む結果が得られるまで行動し続けること

行動を続ける

どうすれば達成できるかという適切な「方法」は重要ですが、それよりも輪をかけて重要なのは、いかにして「実行」するかということです。

 

方法を知っていても、実行しなければ何も変わらず、方法を知っていても意味がないのです。

 

目標が達成できない理由で一番多いのは、「実行しない」ことなのです。

 

もし実行に移せないのであれば、それは心から望んでいることではない可能性が高いです。

 

その場合は、もう一度、目標を見直す必要があります。

 

あるいは、心から望んでいても、目標が大きすぎて何から手を付けて良いのか分からない、進んでいる感じがしないという場合もあります。

 

その場合は、目標を細分化する必要があります。

 

英語を話せるようになるという目標ではなくて、まずは英単語を100語覚えるという具合です。

 

そして、重要なことなので何度も言いますが、目標を達成するまでの道のりには、失敗が付き物です。

 

失敗することなく、成功した人など一人もいないのです。

 

だから、失敗したらそこから学び、どうやったらうまく行くか考えて、うまく行くまで行動し続けなければなりません。

 

うまく行った人の事例を探して、その方法を真似る。

うまく行った人から習う、協力者を得るというのも有効な方法です。

 

そのようにして、うまく行くまで試行錯誤し、色々な方法で目標達成に向けて進んでいけば、必ず目標を達成できることでしょう。

 

「どうすれば実行し続けることができるか」というところに着目して、行動し続けるための仕組みを作ることが大切です。

 

行動に変化を及ぼすには、意思の力に頼るより、行動しやすくなるように環境を変えた方が、はるかに効果的です。

まとめ

世の中に数多ある、成功法則を一言に集約した最強の成功法則は、「心から望む明確な目標を立てて、目標達成を確信し、望む結果が得られるまで行動し続ける」ことです。

 

他に良い方法があるのではないだろうかと探す必要はありません。

 

これさえわかれば、あとは行動あるのみです。

メルマガ申込みフォーム

ビジネス
smart-evolutionをフォローする
スマートエボリューション|あなたの成長を支援するコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました