無気力を克服するシンプルな方法

・やる気が出ない
・うつ病ではないけれど、脱力感がある
・特にやりたいこともない
・同じ毎日の繰り返しで、惰性で生きている
・昔ほど面白いことがなくなった
・何かを変えたいと思っているけど、何をして良いか分からない

このようなことを感じている人は、無気力状態になっています。

どれかに当てはまる人は、要注意です。

今回は、無気力を克服するために今すぐできる、 シンプルな方法についてお伝えします。

無気力で何が悪いの?別に困っていませんが・・・

無気力の一番の問題点は、本人が問題であると認識していないことです。

無気力で困っているとは感じていません。

怪しげな宗教団体の洗脳と一緒ですね。

洗脳とは、自分が洗脳されていると思っていないことが特徴です。

本人が洗脳だと認識していないので、周りの人がいくら言っても、 自分には関係ないことだと思い、聞き入れられないのです。

だから、脱洗脳は非常に困難なのです。

洗脳と同じように、無気力も本人が問題だと認識していないので、 まず、無気力というのは問題であることに気付くことが大切です。

無気力はメンタル不調の一種

無気力というのは、メンタル不調の一種です。

「無気力症候群」のように、勉強や仕事などの本業に対してだけ無気力になってしまう 「選択的無気力」なら、やる気に差があるので、本人が問題だと認識しやすいです。

しかし、全体的な無気力の場合は慢性的で、やる気に差がないので、問題であるとは認識しづらいのです。

本人が無気力であることを自覚していても、それが普通の状態になっているため、 特に問題であるとは感じず、改善しようとは思わないのです。

無気力が続くと

このまま無気力の状態が続くと、うつ病になったり、統合失調症になったりと、 心の病気になる可能性があります。

心の病気にならなくても、何事にも関心が持てなくなったり、無感情になったり、 楽しく感じられなくなります。

また、無気力な人は、周囲の人に「覇気がない」、「話をしても面白くない」という ネガティブな印象を与えます。その結果、孤立して寂しい人生を送ることになりかねません。

「そんなのも含めて、どうでもいいよ」と思っている人は、特に重症です。

無気力だと感じたら、早めに克服することが大切です。

無気力の原因

無気力を引き起こす大きな原因の1つは、明確な目標がないことです。

やりたいことがないから、無気力でやる気が出ないのです。

明確な目標を立てれば、無気力は改善されていきます。

明確な目標を立てるという改善策は、シンプルで具体的なので、 実践しやすく、とても効果があります。

なぜ目標設定が大切なのか?

1.進むべき方向が分かる

例えば、マラソンは、ゴール設定するから、ゴールに向かって進めます。

ゴールを設定しないと、どこへ向かっていいのか分かりません。

人生でも、目標というゴールを設定しないと、どこへ向かえばいいのか分かりません。

ただ生きていられるから、生きているだけという、無目的な生き方になってしまいます。

目標を設定すれば、進むべき方向が分かり、目標に向かって進むことができます。

2.ポジティブになれる

目標に向かって進めば、やる気が生まれます。 進んでいることで、充実感が感じられるようになります。

目標に向かう途中で創意工夫や、チャレンジ精神などのポジティブな感情が生まれます。

3.達成感が得られる

目標を達成すれば、目標そのものを手にした喜びや、達成できたという自信が得られます。

目標達成までに要する努力が大きければ大きいほど、達成したときの喜びも大きくなります。 

目標の立て方

目標は、本当に心から達成したと思っていることでないと達成できません。

なぜなら、やる気が続かないからです。

1.やりたいことを紙に書き出す

本当にやりたいことを明確化するために、やりたいと思ったことや好きなことを、 紙に箇条書きで書き出してみましょう。

深く考えずに、思いつくままに、どんどん書き出すのがコツです。

2.最も重要だと思うこと1つに絞る

やりたいことを書き出したら、自分の中で、最も重要だと思うこと1つに絞り、 ○を付けましょう。

1つに決め兼ねるくらいだと、やる気が出てきた証拠です。

良い傾向ですが、あれもこれもと欲張ってしまうと、 目標達成に使うエネルギーが分散してしまいます。

1つの目標が達成できたら、次の目標を達成すればいいので、1つに絞りましょう。

3.目標はSMARTに書く

目標設定の有名なフレームワーク、SMARTの法則(スマートの法則)に沿って、 紙に書くことで、明確な目標が完成します。

SMARTの法則とは、以下単語の頭文字を取ったものです。

Specific= 具体的である

Measurable= 計測可能である、数字になっている

Agreed upon= 同意している、達成可能である

Realistic = 現実的である

Timely = 期限が明確である

 例を挙げてみましょう。 1つに絞ったやりたいことが、「ダイエットする」の場合です。

S:具体的である → 毎日夕食後に、ウォーキング30分と、筋トレ(腕立て、腹筋、背筋10回×3)をする

M:計測可能 → 5kg体重を減らす

A:同意している → 本当に体重を落としたい

R:現実的である → 夕食後時間があるので、ウォーキングと筋トレすることは可能だ

T:期限が明確である →1週間に0.5kgペースで、10週間で5kg減量する

【目標】 毎日夕食後に、ウォーキング30分と、筋トレ(腕立て、腹筋、背筋10回×3)をして、 10週間で、5kg体重を減らす。 
 

これで、ダイエットするというあいまいな目標から、明確な目標を作ることが出来ました。

SMARTの法則で目標を立てると、モチベーションの維持や、達成できる可能性がグンと高くなります。

目標を達成するには、目標を書いた紙を常に見えるところに貼るか、 朝晩見る様にして、目標を忘れないようにしましょう。

まとめ

無気力を克服し、有意義な人生を送るためには目標を立てることが有効です。

SMARTの法則で明確な目標設定をすれば、やる気が生まれ、人生が楽しくなります。

イキイキとした生活を送るために、さっそく紙とペンを用意して、 目標を立ててみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする