もっと幸せに生きたいあなたへ

この一冊だけで幸せな人生を送る方法がわかる

あなたも後悔することのない、幸せな人生を送りたいと思いませんか?

人生は一回限りです

あえて言うまでもなく、人生はたったの一回限りしかありません。

 

人生の終盤になって、「あのとき、ああすればよかった」とか、「あれをしておけばよかった」などと、悔やんでも、もうやり直すことはできません。

 

ゲームのように「リセット」をして、もう一度初めからやり直すことはできないのです。

 

人生の終盤に、現状に満足できず、「あのとき、ああしていれば別の人生になっただろうな・・・」とか、「もし、別の生き方をしていたら・・・」などと、空想することが多い人生よりも、「色々あったけど、良い人生だったな」と思える人生を送りたいはずです。

今、あなたはどこに向かっていますか?

とぼとぼと歩く人あなたは今、どこに向かって人生を進めているでしょうか?

 

人生で目指すところが決まっていて、それに向かって歩みを進めているでしょうか?

 

それとも、仕事や日常の生活に追われて、周囲に流されるまま、進んでいるでしょうか?

もし、周囲に流されるまま、進んでいるのであれば、このまま進むと、たどりつく場所はどこになるかわかりません。行先は、人まかせ、成り行きまかせの状態です。主体性のない人生になってしまうことでしょう。

 

もし、人生で目指すところが決まっていて、そこに向かっているのだとしたら、その目的地は正しいものであるという自信はありますか?

 

私たちは、世間のイメージやメディア、他人によって与えられた価値観によって目的地を決めてしまうものです。

 

人生で目指すところが決まっている人の多くは、お金や物、裕福な生活、地位や名誉などに向かって歩みを進めています。

 

しかし、これらのことが重要だと思って必死になって追い求め、多くの時間と労力をかけて、やっとのことで目的地に到着したけれど、実はここは自分の来たい所ではなかったということにやっと気が付いたというのは、割とよく聞く話です。

 

目的地に着いたときに、目的のためにと思って犠牲にしたことが、実は目的よりもはるかに重要なものだったと気が付いても、もう遅いのです。

 

どんなに後悔しても、失われてしまったものと、過ぎ去った時間は戻ってきません。

 

目的地に向かって進んでいき、人生の終盤になって、やっと目的地にたどり着けたと思ったら、「到着したかったのは、ここじゃなかったんだ…」と気付くのは、悲劇的です。

 

間違った所を目指していては、たどり着いたときに得られるのは、虚しさだけでしょう。

 

目的地を決めずに歩んでいく人生や、世間のイメージによって決めた目的地に向かって進んでいく人生は、どのようなものになるでしょうか?

 

今は気付かないかもしれませんが、きっとあとで後悔することになるでしょう。

 

時間はまだまだあると思っていても、いつまでも、今と同じエネルギーがあるわけではありません。

 

もうこれ以上進む体力や意欲がなくなったときには、後悔しても、あきらめるしかありません。

 

「もうどうしようもない...」、「仕方がない...」とあきらめるしかないのです。

 

あなたは、このような人生を選択したくないはずです。

 

自分にとっての正しい目的地がわかっていれば、正しい方向に進んでいくことができ、正しい場所にたどり着けます。

 

人生において何が大切かを知っておくことは、とても大事なことです。

 

人生の目的は、お金を多く手に入れることでも、高級品を手に入れることでもありません。

 

私たち人間の、人生最大の目的は、幸せな人生を送ることです。

人間のあらゆる活動は、それをすることによって「幸せになれると思う」から、しているのです。

しかし、その活動が本当に幸せをもたらすかは別の話です。

 

人生の終盤になってから後悔しないためにも、今を幸せに生きるためにも、どうすれば本当に幸福な人生を作ることができるのか、そして、どこを目指せばいいのかを知っておく必要があるのです。

幸せとは何かがわかる

本書を読めば、多くの人があいまいにしかわかっていない「幸せの正体」がわかります。

 

あいまいにしかわかっていないものものを、追い求めても、それを捕まえられる可能性はとても低いでしょう。

 

たとえば、「ルリビタキを探してきなさい」と言われても、「ルリビタキ」とは何か、その正体がわからなければ、「ルリビタキ」を見つけることができません。

 

もし、「ルリビタキとは、スズメより少しだけ小さい青い鳥である」と、写真を見せられて「正体」がわかれば、ルリビタキを見つけるのは簡単になります。

 

これと同じように、幸せの正体があいまいにしかわからないと、幸せになるのは難しいのです。

 

本書を読んで、幸せの正体が明確にわかれば、幸せになるのは簡単になります。

なぜ、あなたも「より多くの幸せ」を得ることができるようになるのか?

もし、今まであなたが、「幸せになれる方法」を見たり聞いたりして、知っていたとして、幸せになれなかったとしたら、それは、偶然や不完全さのある方法で、再現性が低いものだったのでしょう。

 

誰かが、偶然に幸せになれた方法を、あなたが知っても意味がありません。

 

「私はこうして幸せを手に入れた」という人の話を知ることよりも、「多くの人に幸せをもたらしたこと」を知る方が、偶然や、不完全が排除されているので、信頼性があり、再現性が高くなります。

 

重要なのは再現性の高い方法なのです。

 

たとえば、コイン投げて、表が出るか、裏が出るかの確率は2分の1です。

 

でも、測定回数が少ないと、偏った値が出ることがあります。

 

コイン投げを5回だけ行ったとしたら、5回とも表が出ることはあるでしょう。

 

しかし、コイン投げを1000回行って、1000回とも表が出るということは、まずないでしょう。

 

計測回数が多くなれば多くなるほど、偶然や不完全さが排除されていき、結果は平均値(2分の1)に近づきます。

 

多くのコイン投げの測定結果を集めるのと同じようにして、幸せについての研究や調査を、数多く、大数になるまで集めれば、偶然や、特別な例、不完全さなどは排除されていきます。

 

多くの人を幸せにしたことは、同じように、他の多くの人を(そして、もちろんあなたも)幸せにすることでしょう。

 

「ある特定のこと」をして、多くの人が幸せになったという調査結果が数多くあれば、あなたも、「ある特定のこと」をすれば、幸せになる可能性が極めて高いのです。

幸せになれそうに思えるが、実際は幸せとは関係のないものがわかる

世間一般のイメージで、これがあれば幸せになれると「思われている」ものがあります。

 

一見魅力的に見えて、重要そうに感じるけれど、実際に手に入れてみたら、それはあまり重要ではなかったというものが存在するのです。

 

このようなものに、関心や労力、時間をつぎ込んでも、結局は幸せを手に入れることができません。

 

これがあらかじめ分かっていれば、無駄な努力をせずに、幸せをもたらすことにエネルギーを集中することができます。

 

何が多くの人の幸福度を高めたのかを知り、本当は、幸福とは関係ないものを知れば、あなたも幸せな人生を送ることができることでしょう。

生活や人生が変わる

滝の前で手を広げる人

何が幸福度を高め、何が幸福とは関係ないのか?科学的に裏付けされた方法を知れば、あなたも、幸せを多く感じられるようになり、幸せな人生を送ることができるでしょう。

 

想像してみてください...

 

ただの精神論にとどまらない、幸せになるための科学的で具体的な方法がわかるとしたら...

 

これまでより、多くの幸せを感じるようになり、毎日が幸せに楽しく暮らせるとしたら...

 

あなたのこれからの生活、人生はどうのように変わるでしょうか?

今後の生き方、どこに進むべきか方向がわかる

何が幸せをもたらさず、何が幸せをもたらすのかがわかれば、自然に目指す方向が見えてきます。

 

今まで、どう過ごすべきか、生き方に迷いがあったり、今後の方向性に悩んでいたとしても、人生にとって何が大切で、何が大切ではないのかがわかれば、進むべき方向は自ずと見つかります。

 

目指す方向がわかれば、あなたの中に、しっかりとした軸ができることでしょう。

 

そして、今後、もう人生に迷うことや、悩むことはなくなるでしょう。

精神的に楽になれる

悩みや迷いというものは、人間から多くのエネルギーと時間を奪います。

 

「どうすればいいのか?」、「何をすればいいのか?」などと迷っているときには、何をしていても、そのことばかりに思考が奪われてしまいますし、あっという間に時間が過ぎ去りってしまうものです。

 

悩むことや迷うことが少なくなれば、楽な気持ちになれ、時間にも余裕がでてきます。

 

すでに本書を読み終えた人からは、「肩から荷が下りたような、「ホッとした気持ち」になりました」。

 

「とても明るい気持ちになれました」という感想を頂きました。

 

どこに向かうべきか、どうするべきか、方向性がわかったことによる効果ですね。

お客様のご感想

これは、まさに「幸せになるための指南書」だ。
誰であろうと、今がどんな状況にあろうと、この本を読めば、誰でも人生を良い方向に変える方法が見つかるだろう。僕が自信と安心と、今後どのように人生を送るかの道を見つけることができたように。
高橋 伸彰 様(50代・男性)


誰もが幸福になりたいと願い、幸福になるために努力をして生きてきたのだと思う。

 

僕も長い年月をかけて、試行錯誤を繰り返してきた。

それでも幸せに満たされた日々を過ごしてきたとは言い難い。

 

幸福になりたいと思い、行動してきたつもりだったが、様々なトラブルから、不幸に見舞われ、改めて幸せについて考え直している最中だった。

 

生活の立て直しを図る中で、改めて自分にとって大事なものは何なのか、模索しているところだった。

書籍やセミナーから得た知識や、自らの経験からたどり着いた、「幸せになるためにどうしたらいいか」と言う問いに対する答えはあいまいなもので、自信を持って突き進むには頼りないものだった。

 

だが、今回、この書籍、「幸せな人生を送る方法」を読んだおかげで、僕は自信と安心を手に入れることができた。

 

幸せになるためには、どうあるべきか、どう行動すべきかが、はっきりとわかったからだ。

 

これで、自信を持って正しい方向へと突き進んでいくことができる。

 

自分の意識と行動を確認しながら、時間やエネルギーを使う比重を変えていくチェックリストとして活用しながら、前に進んでいくつもりだ。

 

この書籍は、幸福になるために必要なこと、不必要なことを明確に分けて文書化し、さらに必要なことを、心のあり方と、行動によるものに分けて、それらを知識として与えてくれている。

 

もちろんそれらを活用するための具体的な方法の記述もあり、まさに「幸せになるための指南書」である。

 

この本に書かれていることは、一部の特別な人や、恵まれた環境や境遇にある人だけが幸せになれるというのではなく、またそのような特別な人にならないと幸せになれないというものではない。

 

普通の人、ごく一般的な人が、この本に書かれている知識を持って実践すれば、幸せにたどり着くことができるというものだ。

 

ここに書いてあることを実際に実践した人が、どのような結果を得られたのかも、研究者からのデータを基に書かれている。

 

幸せになる方法について、よくありがちな、「こう思うことで、現状を幸せに感じることができるよね」という心のあり方、考え方だけを言っているのものとは違う。

 

研究やデータをベースにしている、論理的で実践的な内容なのである。

 

もちろん、心のあり方は幸せを感じる上で、非常に重要だが、それだけでは幸せになれない。

 

実際に僕は、そのような内容の書籍やセミナーから得た知識だけでは幸せになれなかったのだから。

 

その点についてもわかりやすく丁寧に説明されている。

 

もちろん、心のあり方を良い状態に保つための方法についても言及されている。

 

この本の内容に、自分の人生を照らし合わせることで、迷いや寄り道することがなくなり、幸せに満たされる時間を多くするために必要な取捨選択を容易にできるだろう。

 

僕は、幸せになるために何をすればいいか、そして自分が進んでいく方向がわかった。

その方向へと、これから力強く進んでいこうという気持ちが湧いてきた。

 

それにより、僕の未来が、今よりもっと幸せで、豊かな時間を過ごすことができるものに変化することが確信できたのだ。

 

また、幸せになるためにすること、「自分の行動や考え方の取捨選択」ができたことで、貴重な時間やエネルギーを無駄にすることなく、集中して有効に活用できることが何より素晴らしいことだと感じている。

 

この「幸せな人生を送る方法」は、幸せになるための指南書であると書いた。

 

だが、実はその内容は、幸せを求める人だけにとどまらない。

 

例えば、今の自分の境遇に満足がいかず、ただ闇雲に努力をして人生を変えたいと、もがいている人。

 

お金や地位や名誉などにとらわれて、自分にとって本当の幸せを感じることや考えることの余裕がなく、がむしゃらに生きている人。

 

そんな人にはぴったりはまるだろうし、人は意識していなくても幸せを求めて生きているので、誰の人生にも役に立つ、万人向けの内容だと言える。

 

誰であろうと、今がどんな状況にあろうと、この本を読めば、誰もが人生を良い方向に変える方法が見つかるだろう。

 

僕が、今後どのように人生を送るかの道を見つけ、どの様に時間やお金を使っていくかを見つけたように。


『この本に書いてある、幸せに対する「正しい知識」を身に付けて、それを実践すれば、誰でも必ず真の幸せが得られると思います!』

岩渕 ゆき 様(50代・女性)


最近、心から楽しい!充実している!

とは感じてない日々を送っているような気がしていました。

不満ではないけど、ただ何となく時が過ぎていく…みたいな、そんな感じです。

そういうこともあり、この「幸せな人生を送る方法」を手に取ってみたのですが、この本は、私に幸せな人生を送るために本当に大切なことは何かということを教えてくれました。

 

私自身、もちろん幸せな人生を送りたいと願っていますが、実際どのようにすれば良いのかということを、今まで真剣に考えたことはありませんでした。

 

真の幸せとは何か?

普通はそんなことを考えませんよね。

私も、そんなことは気にせずに過ごしてきました。

 

でも、この本を読んでみて、目からウロコが落ちました。

ピアノの鍵盤を叩いて音を出すことは誰にでもできますが、音楽に対する知識がないと、曲が弾けないのと同じように、人生を送ることは誰にもできますが、幸せな人生を送るためには、その知識がないとうまくできないのですね。納得です。

 

この本には、幸せを感じるための具体的な方法や、幸福な人生を送るための秘訣が書かれています。

 

幸せとは何か?

何が幸福度を高め、何が幸福とは関係ないのか?

どうすれば幸せな人生を作ることができるのか?

 

これらのことが、幸せに対する多くの事例をもとに、とても分かりやすく書かれています。

 

幸せをもたらすものは、「行動によるもの」と「心の持ち方によるもの」に大別され、無理なく幸せを得るためには両方とも必要であり、幸せをもたらすものにかける時間や労力などのリソースを多くしていけば、必ず幸福度は上がると書かれています。

 

私は、この本を読んで、何よりも大切なことは、「幸せとは与えられるものではなく、自ら創り上げていくものなんだ」ということを実感しました。

 

行動することの大切さ、そして幸福になりたいと思って、そのために必要な行動をしなければ、幸せにはなれないのだと思いました。

 

これからは、幸福になるのを待つのではなく、この本から得た知識、「幸せをもたらすもの」にもとづき、自らを幸福な状態に近づけ、輝きを増す日々を送りたいと思います。

 

「幸せな人生を送る方法」は、自分は幸せではないと感じていたり、ネガティブな物の見方をしやすい方は、すぐにでも手にしてほしい本です。

 

私は、正しい知識を得れば、誰でも幸せな人生が送ることができるのだということを知り、勇気を与えてもらいました。

 

この本に書いてある、幸せに対する「正しい知識」を得て、それを実践すれば、誰でも必ず真の幸せが得られると思います。


人生を幸せに生きたいと考えている人だけではなく、お金や時間が足りないと思っている人、これからの人生をどう生きようかと考えている人にもおすすめです。

小野 雅子 様 (50代・女性)


先日、大学時代の友人の訃報を受け取りました。

人生80年の時代ですが、人間には、永久の時間が与えられているわけではありません。

その限られた時間を、幸せに生き、天寿を全うしたいもの。

改めてそんなことを考えていたときに出会った本です。

 

この本には「幸せ」になる秘訣、「幸せな人生を送る」秘訣がたくさん書かれています。

 

一般的に考えられている「幸せ」の要因が、必ずしも「幸せ」の要因とはならないことがわかり、幸せを享受するためには、この先は色々と変えていかなければいけないと思いました。

 

第5章の「お金をどう使えば幸せになれるか」の中に書いてあった、お金についての考え方は、複雑で先の見えないこれからの時代において、ますます大事になっていくことだと思いました。

 

なかでも、支出を減らすことの重要性についての考え方、説明はわかりやすく、お金に対する考え方や、お金の使い方を変えなければならないと思いました。

 

書いてあったことを、これからすぐに実践していこうと思っています。

 

ここに書いてある方法なら誰にでも、すぐに実践できることだと思いました。

 

人生を幸せに生きたいと考えている人だけではなく、お金や時間が足りないと思っている人、これからの人生をどう生きようかと考えている人にもおすすめの本です。

お金をどう使えば幸せになれるのかがわかる

お金を持つ人

お金は幸せを語る上で、切っても切れない関係にあります。

 

みんなお金が欲しい。

 

でも、お金をどう使えば幸せになれるかを知っている人は少ないのです。

 

どのようにお金を使えば幸福度を高めることができるのかを知ることは、幸せな人生を送るための重要な要素のひとつです。

 

これを知れば、お金に対する考え方や、お金の使い方が、今とはガラリと変わるかもしれません。

確実にお金を増やす方法がわかる

お金を誰でも確実にお金を増やす方法をお伝えします。しかも、この方法は、何のリスクがありません。

 

たとえ今の経済状態がどうであれ、誰でもすぐに実践できる方法です。

 

実際に大金持ちと呼ばれる人たちが、必ず行っている方法です。

 

これを知っているのと、知らないのでは、経済状態に大きな差が出ます。

誰でも行ける、幸せへの最短コース

もし、確実に幸せになれる方法がわかったとしても、それを実践するのが難しければ、当然、幸せへの道のりは遠いものになってしまいます。

 

「理論的には確かにそうかもしれないけど、こんなことやるは大変だ、できるわけがない」というような方法では、初めからやる気にならないということもあるでしょう。

 

しかし、この「幸せな人生を送る方法」で紹介する方法は、難しい方法ではありません。

 

特別な知識や技術も必要ありません。

 

実践することは、とてもシンプルです。

 

誰でもやろうと思えばすぐにできる、シンプルなことばかりなので、幸せをつかむための最短コースを進むことができます。

 この一冊だけで幸せな人生を送る方法がわかる

ほとんどの人は、ひとつの事に集中できず、「どこかにもっとお得で、良い情報はないか?」と、次から次へと、情報ばかり追い求めています。

 

しかし、情報を探すことばかりに気を取られていると、ひとつのことをしっかりと実践する時間がなくなってしまいます。理論よりも重要なのは、実践することです。

 

このような状態になっている原因の一つは、その情報に満足できていないからなのかもしれません。これではまだ、足りないと思うから、次々に情報を追い求めるのかもしれません。

 

この「幸せな人生を送る方法」は、この一冊だけで幸せな人生を送る方法がわかるようになっているので、新たな情報を得ようと、時間を費やしたり、気を散らしたりすることなく、集中して実践することができるのです。

時間とお金を大幅に節約できる

時計とお金

ここで得られる知識は一生ものです。

 

巷によくある、「聴くだけで幸せになれる」とか、「○○するだけで幸せな気分になれる」というような、少しだけ幸せを感じられるかもしれない方法とは根本的に違います。

 

多くの人を幸せにしている実績のある、実践的な、不変の方法なので、いつまでも使い続けることができるのです。

 

もちろん、私自身も実践しています。

 

少しだけ考えて欲しいのですが、もし自分の力だけでこれだけの情報を得ようとしたら、どれだけの時間と費用かかかるでしょうか?

 

自分一人の力だけで、この方法を知ろうとしたら、多くの費用と、十数年から何十年もの時間がかかるかもしれません。

 

そして、強い関心と、探求心がなければ、大変な苦労を感じることでしょう。

 

一方、本書「幸せな人生を送る方法」なら、再現性のある実践的な方法を読んですぐに実践することができます。

 

ページ数も103ページと、コンパクトにまとめてあるので、読むのにも時間はかかりません。

 

これを手に入れることで、どれだけのあなたの時間とお金が節約できるでしょうか?

 

あなたにとって、これはどれくらいの価値があるでしょうか?

金額について

人生で何を手に入れようと、何よりも素晴らしいのは「幸せ」を手に入れることです。

それを手に入れるチャンスが今ここにあるのです。

 

幸せを手にすることは人生において最も重要なことの一つですから、世の中には、数万円もするような商品はいくらでもありますが、そのような金額では買うかどうか迷うこともあるでしょう。

 

私は多くの人に幸せになってほしいと心から願っているため、この本を書きました。

ですから、幸せになりたいと思っている人が、買おうかどうか、迷うような金額ではいけないと思ったのです。

 

本書は買うのに迷うような金額ではありません。

本書はたったの1,980円(税込)です。

 

迷うことなく、今すぐ、下のボタンをクリックして、幸福を手に入れてください。

今すぐ幸福を手に入れる!

幸せな人生への投資

幸せな人生を送るには、正しい知識と、一歩動き出す、ちょっとした勇気が必要です。

 

チャンスだと思ったら、試してみるというちょっとした勇気です。

 

色々な理由を付けて、結局、何もしないのは楽かもしれませんですが、それ以上の進歩は望めなくなります。

 

さて、あなたには、その勇気がありますか?

 

答えが「YES」なら、・・・おめでとうございます!

 

そんなあなたなら、幸せな人生を送ることができます!

 

ぜひ「幸せな人生を送る方法」を試してみてください。

 

電子書籍【幸せな人生を送る方法】
フォーマット:PDF形式
ページ数:103ページ
特別特価:¥1,980(税込)


目次・章立て

第1章 幸せとは何か

第2章 不幸をもたらすもの

第3章 幸せになれそうに思えるが、実際は幸せとは関係のないもの

第4章 幸せをもたらすもの

第5章 お金をどう使えば幸せになれるか

お申し込みはこちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました