どんなに傷ついたとしても、許した方が良い理由

あなたは、「許せない」と思うことはありますか?

もしあるのなら、それは、人から、ひどいことを言われたり、 ひどいことをされたりして、心が傷ついたときかもしれませんね。

たとえ、どんなことがあったとしても、 とても許せないと思ったときでも、 相手を許した方が、良い結果をもたらします。

それは、あなたにとっても、相手にとってもです。

今回は、許すことの重要性についてご紹介します。

人は必ず過ちを犯す

私たち人間は、必ず過ちを犯すものです。

相手も、あなたも、誰でもです。

誰でも、間違えるのですから、 許すということが必要になります。

何を許せるかで、人の心の大きさが分かります。

インド独立の父、マハトマ・ガンジーが残した、このような言葉があります。

「弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ」

許すことができる人は、心が大きく、強い人です。

許すことで、心が大きく、強くなっていきます。

許すことのメリット

スタンフォード大学のフレッド・ランキンスの研究によれば、 許すことのできた人は、より心が穏やかで、エネルギーに満ちている。

そして、愛情にあふれた人間関係を築きことができ、 病気やストレスを抱える可能性が低いといいます。

また、許すということを、口に出さなくても、 心の中で許そうとしただけで、心臓や血管や筋肉、 神経系統の機能がたちまち向上するということです。

人を呪わば穴二つ

「人を呪わば穴二つ」ということわざの通り、 相手を恨んだり、憎んだり、復讐しようとすることは、 自分の首を絞めることになります。

相手を許せないと感じたときは、相手に対して、 怒りや恨み、憎しみなどのネガティブな感情を抱くことになります。

そのようなネガティブな感情は、体に毒です。

ネガティブな感情は、自分自身の幸せ、 健康や心の平安をかき乱すことになります。

そして、恨んだり、憎んだり、復讐を考えたり、ネガティブな感情に、 多くの時間やエネルギーを奪われてしまいます。

許さない限り、ネガティブな感情に縛られたままです。

許せば、ネガティブな感情から逃れ、自由を得ることができます。

利己的に、自分のことだけを考えたとしても、 ネガティブな感情による害がなくなるので、許した方が得です。

自分自身の幸せのために、相手を許すのです。 利己的に考えて許したとしても、結果的には、 相手にもメリットになり、 人間関係にも良い結果をもたらすことになります。

まとめ

人を恨んだり、憎んだりする感情は、 自分自身を傷つけることになります。

許すことの最大の効用は、心の平安を取り戻し、 自分自身の幸せを損なわないことです。

許すことは自分にも、相手にも双方にメリットをもたらし、 デメリットはありません。

許すことで得られるメリットは、相手より、 自分自身の方が大きいのです。

どんなに許せないことがあっても、他人のためではなく、 自分のために許すことにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする