人生を楽しくする方法。笑いを大切にすれば、もっといい人生が送れる。

改善・向上

楽しい人生とは、いったいどんな人生でしょうか?

 

楽しいかどうかを判断するのに、一番わかりやすいのは、「笑い」があるかないかですよね。

 

楽しくないのに笑うということはないので、笑っているということは、楽しいということですよね。

 

つまり、笑いの絶えない人生であれば、 楽しい人生ということになりますよね。

 

「笑い」は人生における重要な要素です。

 

今回は、人生を楽しくするために、笑いの効用についてお伝えします。

人間関係を良くする

談笑する人たち

笑いは、楽しさを作り出すこと以外にも、計り知れないほど大きな影響力を持っています。

 

良く知られているのは、人間関係を円滑にするコミュニケーション手段や、 心身の健康に良いということです。

 

私たちは、ユーモアのある人や、面白い人には、親しみを持ちますし、 笑顔の人を見せる人には、好感を覚えます。

 

逆に、笑顔を見せないような人とは、一緒にいても楽しさを感じないので、付き合いたいとは思わないでしょう。

 

このように人間関係に、笑いは不可欠なものです。

健康面に良い影響をもたらす

笑いと健康

笑いは健康面にも良い影響をもたらします。

笑いは、どんな名医にも勝るという言葉もあります。

 

笑うと、副交感神経を優位にし、ストレスを軽減したり、 免疫力が上がったり、脳を活性化したりと、 その効用には、目を見張るものがあります。

 

こういう話をすると、 「そうは言うけど、世の中、笑えることなんてそんなにない」 という人がいます。

 

それは、笑いや楽しさを、「外」にのみ求めているからです。

 

自分からは何もしないで、面白いことが起こるのを待っているのでは、 確かに面白いことは、そんなにないのかも知れません。

 

面白いと思うのは、人それぞれ「ツボ」が違ったりもしますからね。

 

楽しいことがないと言うのなら、受け身の姿勢で待っているのではなく、自ら、面白いことを探したり、楽しさを創り出せば良いのです。

 

積極的に楽しさを求めれば、世の中には笑いや、楽しめることがたくさんあるのに気づくことでしょう。

作り笑いでも楽しくなる

笑う野口英世

「自ら、面白いことを探したり、創り出す?そんな余裕はないよ」という人は、作り笑いでも良いので、 ただ笑顔を作るだけでも効果があります。

 

アメリカの心理学者、ウィリアム・ジェームズの言葉を紹介します。

動作は感情によって起こるように見える。 しかし実際には、動作と感情は平行するものである。

動作は、意志によって直接的統制できるが、感情はそうではない。
ところが、感情は動作を調整することによって、間接的に調整することができる。

したがって、陽気さが失われた場合、それを取り戻す最善の策は、 いかにも快活そうに振る舞い、快活そうに話すことである。

つまり、おかしくなくても、笑顔を作るだけで、 楽しいという感情が生まれるということです。

作り笑いでも、笑った顔をしていれば、楽しくなるのです。

 

いつもニコニコしている人は、 実際にも楽しい感情に包まれているということですね。

作り笑いで、本当に楽しくなるか、あなたも今すぐ試してみてはいかがでしょうか?

楽しもうとする気持ちが大切

スマイリーと花

自分の心の態度次第で感情は決まります。

 

同じ経験をするとしても、楽しもうと思えば、楽しさを見出すことができるだろうし、 つまらないと思えば、つまらなさを見つけ出すことができるでしょう。

 

幕末の志士、高杉晋作の辞世の句として知られている―――――
「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり」

この歌のポイントは、面白いと感じるのも、面白くないと感じるのも、 「心」次第であるということです。

どんな場合でも、心の力で楽しむこと。

これこそが、人生を楽しくする秘訣なのです。

メルマガ申込みフォーム

改善・向上
smart-evolutionをフォローする
スマートエボリューション|あなたの成長を支援するコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました