あなたもこんな間違った時間の使い方していませんか?

 あなたは、時間を有効に使えていますか?

この質問に、自信を持って「はい!」と答えられる人は、ほとんどいないでしょう。

「いいえ」と答えた人は、時間の大切さに気が付いていないか、時間の管理がうまくできていないかのどちらかに大別できます。

どちらが多いかと言えば、前者の方が圧倒的に多いです。

ほとんどの人は、時間が大切だということは知っています。

知ってはいますが、それを本当に実感して、有意義に時間を使おうと実行している人は少数です。

自分にとって大切なことを決めて、それを優先的に実行している人が、時間の大切さに気付いている人です。

命=人生の残り時間

私たちにとっての時間とは、生きている間の時間であり、命の期限そのものです。

つまり、時間を浪費したり、無駄に使っているということは、命の一部を無駄にしているのと同じことです。

人生の終わり、「死」は誰にでも必ず訪れるものだということは、分かっていることですが、はっきりとした期日は分かりません。

だから、「死」の実感が沸かず、人生はいつまでも続くような錯覚に陥って、時間を大切にしないのでしょう。

大病をしたり、事故に遭ったり、何かあったときには、そういうことも考えるかもしれませんが、普段はそういうことを考えはしないでしょうから。

もしあなたが、時間を大切にしていないとしたら、人生は有限であり、しかもたった一度しかないことを、実感する必要があります。

死が近づいたときに、やらなかったことを後悔しても遅いですし、死が近づいていることも分からずに、死が訪れることもあるのですから。

「一休さん」でおなじみの、一休禅師が詠んだ歌に、このようなものがあります。

「昨日まで 人のことだと 思いしに こんだおいらか こいつたまらん」

若いうちや、元気なうちは、死は他人事のように思ってしまうものです。

ですが、死はいつ訪れるか分からないし、毎日死に向かって近づいていることは確かです。

もしかしたら、こういう文章を読んだだけでは、死を「実感」することは、難しいかも知れません。

そんなときは、シミュレーションをしてみると良いでしょう。

次の質問に答えて下さい。

「あなたが、1ヶ月後にカミナリにうたれて死んでしまうとしたら、その1ヶ月をどのように過ごすでしょうか?」

これは、アメリカの時間管理コンサルタント、アラン・ラーキンの「カミナリ理論」というものですが、あと1カ月しか命がないとしたら、やり残したことや、後悔することはないでしょうか?

もし、あるとしたら、今からそれを実行に移す必要がありますね。

なんでもそうですが、知識として知っているのと、それを実感して、行動しているのでは、大きな開きがあります。

時間の大切さを本当に自覚している人は、時間を有意義に使っています。

有意義に使うというのは、TVを見たり、ネットサーフィンをしたり、SNSをチェックしたり、ギャンブルをしたり、ゲームをしたりすることではありません。

時間を有意義に使うこととは

自分にとって重要なこと、目標を達成するためのこと、人間関係作りなど優先することです。
「7つの習慣」の時間管理のマトリックスでいう、第II領域(緊急ではないが重要な事柄)を優先するということです。

時間管理の本質とは、「優先順位を付けそれを実行すること」に尽きます。

もし、あなたの優先順位が決まっていないのなら、時間をとって考えてみて下さい。

このように考える時間も、緊急ではないが重要なことですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする