悪い習慣をやめさせるにはどうすればいいか?

コミュニケーション

「無くて七癖」のことわざ通り、私たちは誰でもクセはあるものです。

 

しかし、本人以外の人間が見て、明らかに悪いと思うクセというのは、やめさせてあげたいと感じることもあるでしょう。

 

悪い習慣、悪いクセをやめさせたいという相談は良くいただくので、その方法を一般化してお届けします。

 

他人に迷惑を及ぼさないクセは指摘しても変わらない

悪い癖を他人との関わりの視点で大別すると、他人に迷惑をかける癖と、他人に迷惑をかけない癖に分けられます。

 

他人に迷惑をかける癖の場合は、周りの人が迷惑していると伝えれば、少しは良くなるでしょう。

 

人間は社会的な生き物なので、他人に迷惑をかけていると認識すれば、多少なりとも罪悪感が働くからです。

 

罪悪感が働くと、意識せずとも自然に気を付けてしまうので、悪い癖も抑制されます。

 

しかし、本人が誰にも迷惑をかけていないと思っている悪い習慣は、指摘しても、「いいから、ほっといて」と言われるか、嫌な顔をされるだけです。

 

そのときに、「誰にも迷惑がかからないのだから、放っておいても良いのではないか?」と自問して、その答えが「いいや、放ってはおけない」ではないのなら、それ以上は何も言わないのが得策です。

 

この質問に対して、放ってはおけない、悪癖をやめさせたいという気持ちを持つのなら、それは人間の持つ「人を助けてあげたい」という心理が働いているからです。

 

家族や友人、恋人など、相手に近い人ほど、放っておけない、良くしてあげたいという感情を持つものです。

 

明らかに本人にとって悪影響を及ぼす悪い習慣だと感じるなら、その気持ちも強くなると思います。

 

だからといって、「よくないからやめた方が良いよ」と何度も繰り返し言っても、悪い習慣を指摘するだけでは、なかなかそれを止めさせることはできません。

 

だから違う方法を取るのが良いでしょう。

 

悪い習慣を取りづらくしてあげる

人間の行動の大半は、考えて意識的に行っているのではなく、無意識で行っています。

 

そして、習慣は悪いことであれ、良いことであれ、考えることなく、ほぼ無意識のうちに行えるようになっていることです。

 

だから、教育などにより、意識から変えようとしても、なかなかうまくいきません。

 

悪い習慣を変えさせるには、社会心理学で言う、「プライミング」や「デフォルト」、「コミットメント」など、自動的に行動を促す心理をうまく使えば、考え方を変えるよう教育するより、はるかにうまくいきます。

 

よくある相談例である、家族が食事をしながらスマホを見るのを止めさせたい場合を、例を挙げながら説明していきます。

 

プライミング

プライミングとは、人は先行刺激(プライム)によって行動が影響されることを言います。

 

例えば、「杖、入れ歯、白髪」など老人を連想させる言葉を思い出させると、その後の動作がゆっくりになることが実験でわかっています。

 

食事中にスマホを見るのをやめさせたい場合は、食卓の上に「食事をしながらのスマホは健康を害する」などと書いたカードを置いておくのが良いでしょう。

 

カードに書く文言は、本人が気にすることを書くのが望ましいです。

 

体重を気にしているのであれば、「食事をしながらスマホをすると、食べ過ぎてしまう」と書くと良いです。

 

実際に食事中にスマホなどをすれば、食べることに注意を向けられていないので、食事から得られる喜びが減ります。

 

そして、なかなか喜びが得られないので、喜びを得ようと多く食べようとします。

その結果として多く食べてしまうことが研究でわかっています。

 

 

デフォルト

デフォルトは、人はあらかじめ設定されたことに従う傾向にあることを言います。

 

ドイツのドナー登録率は12%ですが、隣のオーストリアは99.8%です。

 

隣国同士で文化も変わらないのに、この劇的な差はどこから来ていると思いますか?

 

オーストリア人は臓器提供に関心があり、ドイツ人が関心がないわけではありません。

 

その答えはデフォルトにあります。

 

ドイツでは臓器提供しないことがデフォルトになっており、臓器提供をする場合は意思表示をしなければなりません。オーストリアでは臓器提供することがデフォルトになっており、臓器提供をしたくない場合は意思表示をしなければならないのです。

 

人はあらかじめ決まっていることには、あえて労力をかけて変化を起こそうとせず、そのまま従うものなのです。

 

デフォルトを食事中のながらスマホに応用するなら、例えば家庭内で、ダイニングにはスマホを持ち込まないということをデフォルトのルールにするとか、食卓に座る前には、決められたカゴにスマホを入れる、電源をオフにするなどというように、あらかじめデフォルトのルールを決めておくと効果的です。

 

 

コミットメント

コミットメントは、公言したことは、行動と一致させようとすることを言います。

 

他人に見える形でコミットメントすると、一貫した人間に見られたいという気持ちが働き、自分の内からの圧力と、周りの目という外部からの圧力がかかり、公言したことを実行しやすくなります。

 

コミットメントを、食事中のスマホをやめさせるために応用するなら、例えば、カードにでも「食事中はスマホをしないと誓います」と誓約カードを書かせるとか、家族や友人などに「食事中はスマホをしないことにした」と公言するように言うことです。SNSが好きならそこへ投稿するのも良いでしょう。

 

注意点は、食事をしながらスマホを見ているときに、それをやめることを公言することを提案しないことです。

 

食事をしながらスマホをしているときの状態は、ある種の中毒状態にあるので、それをやめることを一大事だと思ってしまいます。

 

しかし、食事をしていないときは、中毒状態にないので、食事中スマホのときに感じている気分が想像できず、食事をしながらスマホをしないくらいなんでもないと思うものです。

 

食事をしていないとき、スマホを使用していないときに提案するのが良いでしょう。

 

 

行動が変われば、思考も変わる

 

人間は、思考によって行動しますが、その逆に、行動によっても思考が変わります。

 

教育で思考を変えるより、行動を変えるように促した方が、早く思考も変わります。

 

食事中のスマホは良くないと、考え方を変えるように何度も教育しても、行動を変えるようになるには労力が時間がかかります。

 

しかも難易度は高いです。

 

しかし、スマホをしないという行動を取っていれば、行動からのフィードバックにより思考が変わります。

 

つまり、食事のときにスマホをしていないということは、食事をするときにスマホをするのは良くないことだと考えているからだと認識するのです。

 

 「ながら食事」の弊害については、下記記事もご参照ください。

マルチタスクをやめる習慣を身に付ける方法
一度に複数のことを行う「マルチタスク」。 このマルチタスクの弊害について言われるようになって久しいですが、 分かっていても、やめることができない人も多いのではないでしょうか? 今回は、マルチタスク...

まとめ

人間の行動の大半は、無意識で行っています。

 

習慣は、考えることなく、ほぼ無意識のうちに行っていることです。

 

悪い習慣を変えるには、「ライミング」や「デフォルト」や「コミットメント」など、自動的に行動を促す心理をうまく使えば、考え方を変えるよう教育するより、はるかにうまくいきます。

 

人間は、思考によって行動しますが、行動している自分の姿を見て、思考も変わるのです。

教育で思考を変えるより、行動を変えるように促した方が、早く思考も変わります。

メルマガ申込みフォーム

コミュニケーション改善・向上
smart-evolutionをフォローする
スマートエボリューション|あなたの成長を支援するコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました