努力するのが嫌いな人が成功する方法

人生において、「努力」は重要な要素です。

何かを達成するためには、「努力すること」というのは、欠かせません。

天才と言われている人達でも、人一倍努力をしています。

バッハは自分自身について、こう語りました。

「私はずっと努力してきた。誰でも同じように努力すれば、
同じように成功できるだろう」

努力し続けるには、強い意思の力と集中力が必要です。

このように書くと、成功した人たちは、皆、鉄のような意志を持っていたんだろうなと思うかもしれませんが、そうではありません。

確かに、意思の力は必要ですが、意思の力だけでは、努力し続けることは不可能です。

今回は、努力するのが嫌いな人や、意思の力が弱い人でも、物事がうまく行く方法をお伝えします。

私たちを動かすものは?

私たちは意思の力だけで行動をしているのではありません。

刻一刻と変わる状況を読み取り、じっくり考えて行動しているわけではなく、ほとんどが、無意識の力によって行動しています。

こういう状況なら、このように動くというように、経験則や習慣に基づいて、あまり考えずに行動しているのです。

この無意識からくる行動パターンを変えるのには、大きな意思の力が必要になります。

例えば、ダイエットをしたい人が、運動をしようとしても、運動するという習慣がないので、なかなか運動をしようという気にはなれません。

運動をするという行動を起こすためには、大きな意思の力が必要になります。

この時には、「努力が必要」という気持ちが起こります。

努力しなくても、うまく行く方法は?

努力しなくてもうまく行く方法は、「見方を変える」ことです。

見方を変えるというのは、物事の受け取り方を変える、認識の仕方を変えるということです。

例えば、運動が習慣になっている人は、運動することを努力することだと思っていません。

運動したいという気持ちがあるから、運動をしているのです。
考え方の差です。

物事をどう見るかというのは、今までの経験や、属している文化、周囲の人たちからの影響などによって作られます。

運動をする習慣がない人は、それが当たり前だと思う考え方の文化にいたということです。

見方を変える方法

見方を変える方法は色々ありますが、最も強力で効果的な方法は、望ましい見方をしている人たちがいる環境に身を置くことです。

私たちは誰でも、周りの人たちから影響を受けています。
属する文化によって、見方・認識の仕方が変わります。

もし、家族が皆、スポーツ愛好家なら、運動するのが当たり前という見方をするようになっていたでしょう。

ヨガや太極拳のように、健康のために運動するようなサークルに入ったとしたら、周囲の人たちに影響を受けて、健康のために運動をするのが当然だという考え方をするようになります。

このように、見方や考え方が変われば、努力は必要なくなります。

まとめ

努力をしなくても、望む結果を得たいのなら、見方を変えることが必要になります。

私たちは、周囲の人たちから影響を受け、見方を変えます。

好ましい見方に変えるためには、好ましい見方をしている人たちのいる環境に身を置くことが、一番効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする