「いつかやらないと・・・」と思いつつも、先延ばししていることを、今すぐするには?

「いつかやらないといけない」とは思っていても、つい先延ばしにしてしまっていることは誰にでもありますよね。

ダイエットや、運動の習慣を作ること、食習慣の改善、生活習慣の改善、家族サービス、親孝行、資産管理や資産運用、自己研鑽etc…

それをすることで、良い結果が得られることがわかっていても、なぜ、実際に行動に移さないのでしょうか?

今回はその理由と解決策についてお伝えします。

実行しない理由

こうした方が良いということを知っているし、そのことについて納得もしていてる。

自分でもやった方が良いということは、十分に承知しているし、いつかやろうと思っている。

やる気持ちはある。

でも、実際には行動に移していない。

こういうことは誰でも多かれ少なかれあるものです。

わかっていても、実行しない主な理由を3つ挙げます。

1.現在主義

たとえば、老後のために貯蓄や資産運用をした方が良いことは分かっていても、それは今の役に立つことではないので、後回しにする。

この様に、将来的な利益のために、今努力をするということは、人は苦手です。

長期的に見たら、良い結果が得られると分かっていても、それを実行する人はわずかです。

人は未来のことを考えることが、苦手なので、どうしても今に重点を置いてしまいます。

イソップ寓話の「アリとキリギリス」のアリの様に、冬にエサがなくなることに備えて、夏にせっせと働くというということは、分かっていてもなかなか実践できません。

人は未来のことより、今のことの方に目が行く、現在主義なのです。

2.危機感の欠如

たとえばコレステロールが高めだとか、肥満であるとか、長期的に見たら、このままでは悪影響を及ぼすことが分かっていても、今現在は、さしあたり困っていないこと。

今それをやらなかったとしても、とりあえず大きな被害がないことは、後回しする傾向にあります。

通販で、運動器具を買っても、しばらくしたら使わなくなってしまうのも、同じような理由からです。

買ったときは、「買ったからには使わなければ」と思いますが、運動をしなくても、さしあたっては問題がないから、そのうちに使わなくなってしまいます。

これをやらないとすぐに被害が生じてしまうというような、「今そこにある危機」でなければ、「今からやろう」とは、なりにくいものです。

今、危機感を感じていないことを改善するには、よほど強い動機がないと実行に移されることは少ないでしょう。

3.一人だけでは難しい

大きな関心があることであれば別ですが、経済や投資の勉強など、将来的に役に立つことなどを、一人だけで始め、それをやり続けるというのは苦手です。

そのようなことは面倒くさいと思ってしまったり、やり始めても、飽きてしまったり、モチベーションが続かなかったりします。

ロン・ハスキンスとイザベル・ソーヒルは著書「機会均等社会の創造」の中で、 次のように書いています。

長期的な幸福につながるとわかっていることであっても、他人の介入なしに独力で実行するのは難しい。(中略)ジャンクフードは避け、質の良いものを食べる、定年後のためにお金を貯めておく、といったことを誰にも促されずに実行するのは容易ではない。

解決策

「長期的な目で見れば利益につながること」、「緊急ではないけれど重要なこと」を、先延ばしせずに、実行するにはどうすれば良いでしょうか?

「目先のことだけにとらわれず、将来のことも視野に入れ、長期的な視点で考え行動しましょう」とか、「危機感を感じるようにしましょう」と言っても、言うのは簡単ですが、実行に移すのはなかなか難しいことです。

これは大事な考え方ですが、人が物事の見方をすっかり変えるのには、時間がかかります。

それでも、このような考え方を身に付けることは重要であり、そこから得られる利益は大きいでしょう。

そのためには、そのように考える習慣を付けることです。

「このことは、長期的に考えたらどのような結果になるかな?」と考えてみることや、

自分の人生について考える時間を作って、今の行動を見直してみるということを繰り返すことが重要です。

しかし、それとは別に、もっと手っ取り早く、短時間で、しかも大きな効果が得られる方法があります。

それは、協力者の力を得ることです。

誰かの協力が得られれば、早く大きな結果を得ることができます。

たとえば、頂点を目指すようなスポーツ選手。

オリンピックで2大会連続金メダルを取った羽生結弦選手のように優れた才能を持つスポーツ選手でも、必ずコーチがいますよね。

その最大の理由は、人は一人だけでは大きな結果を出すことはできないからです。

コーチがいれば、一人だけでするより、時間も労力も大幅に節約することができます。

私たち人間は、一人だけで成果を出すことや、努力し続けることは非常に困難なのです。

大きな結果を残している人の陰にも、必ず協力者がいます。

世界的大富豪として知られる投資家、ウォーレン・バフェットにも、チャーリー・マンガーという強力な右腕がいます。

大きな結果を得たければ、励まし導いてくれる専門家やコーチ、協力者が必要なのです。

まとめ

やれば、将来的に良い結果が得られると分かっていることでも、それを実行に移すことはなかなか難しいことです。

その理由は、今現在とても困っているわけではないことや、人は一人だけでは実行し続けるのが苦手である、ということが挙げられます。

できていないことを行動に移し、効果が得られるまでそれをやり続けるためには、協力者を得ることが最善の方法です。

あなたを励まし、導いてくれる専門家、コーチ、メンターなどの指導者の力を借りることが最も効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする