切り離せば、多くのことを得ることができる

「チャゲアスはちょっとね…」

最近は、CDをプレーヤーに入れて、音楽を聴くことがなくなりました。

今は、こういう人は多いと思いますが、私も何百枚とあった手持ちのCDは、デジタル化済みで、音楽はデジタル音源で聴いています。

CDを聴くことがなくなったので、CDを欲しいという友人たちにあげていた時のことです。

懐かしの名曲が入っているアルバムをピックアップしていくと、「チャゲアスはちょっとね… 要らない」と言われました。

「このベストアルバムは名曲ぞろいだよ」言ったのですが、ASKAが覚せい剤所持で逮捕されたので、その友人の中では、チャゲアスの曲、すべてのアルバムに対する評価が下がっていたのです。

歌手と曲は切り離す

ASKAの逮捕で、確かに、チャゲアスのイメージは悪くなりました。
しかし、かつてのヒット曲のすばらしさが変わるわけではありません。

アーティストが逮捕されたら、そのアーティストの曲は聴かないとか、曲に対する評価を下げたりしていたら、洋楽などは聴けなくなってしまいます。

洋楽ロックバンドは、特にドラッグのイメージが強いですが、名曲を数多く残した、ファンクの帝王・ジェームス・ブラウンも、麻薬関係や交通違反などで、何度も有罪判決を受けています。

楽曲の良さと、アーティストは切り離して考えないと、音楽自体を楽しめなくなってしまいます。

「切り離す」というコンセプト

アーティストと楽曲を切り離して考えれば、多くの作品を楽しめ、メリットが得られるのと同じように、「言葉」も誰が言った言葉かという、「人」と切り離して考えた方がメリットがあります。

良い言葉は、言葉自体が良いのであって、不祥事を起こしたらからとか、思想が違うからとか、人が嫌いだから、国が嫌いだからという考え方をして、否定していたのでは、得られるもの、学べるものが少なくなってしまいます。

例えば、今の中国に悪いイメージを持っているからといって、論語に代表される孔子の教えが書かれた「四書五経」も毛嫌いするというのは、もったいない考え方です。

(実際には、孔子が生きた時代のシナと今の中国は、民族の入れ替わりが何度かあり、本質的には関係がありませんが)四書五経に書かれている言葉は、人生の役に立つ良い言葉であることは、変わりありません。

私たちの役に立つこと、利益になることであれば、「誰が、いつ言ったか」ということと、「言葉の良さ」は切り離して、受け入れるべきです。

そうすることで、より多くのことを得ることができます。

立派な人=立派な言葉ではない

政治やビジネスなど、社会で成功した人が言った言葉や、書いた本は、注目を集めます。

成功者が言った言葉に重みがあるのは確かですが、だからと言ってそれが良い言葉であるかは、別問題です。

またその逆も同じで、立派なことを言っている人物だから、立派な人物かと言えば、そうでもない可能性があります。

言っていることは、とても良いことだけど、実際に行っているのは、言っていることと逆のことをしているという指導者、先生もたくさんいます。

江戸時代の儒学者、藤原惺窩(ふじわら せいか)は、四書五経に書いてあることが、
立派なので、シナは立派だったと考えていました。

藤原惺窩は、儒教に心酔し、それを生んだ大陸を聖人の国とあがめ、そこに行きたいと思っていたといいます。

しかし、幕末の頃になると、その教えが実現されていたのは、シナではなく、日本だったということが分かってきます。

つまり、立派な文言がシナで実行されたのではなく、「こうあるべきだ」という目指すべき目標として、伝わってきたということです。

評論家の渡部昇一先生は、シナに四書五経という立派な思想が出てきたのは、当時のシナが立派なのではなくて、むしろ、よほどろくでもない状態であったからこそ、それを正すために出てきた、というパラドックスが分からないといけないと書いています。

やはり、人と言葉は切り離して考えるべきなのです。

出典が、どこだとしても、自分の役に立ちそうだと思ったら、それを活かせばよいのです。

まとめ

良い言葉、作品、本、などが、私たちの役に立つことであれば、誰が言ったという「人」や背景は、問題にしないことです。

「人と言葉は切り離す」、「人と作品は切り離す」という、切り離しのコンセプトを取り入れれば、偏見に捉われず、誰からでも学ぶことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする