少しずつストレスに強くなる方法

私たちは、普通に生活をしていると、楽な選択肢を選びます。

例えば、ビルの上の階に行きたいときに、エレベーターと階段があったら、迷わずエレベーターを使うでしょう。

楽な仕事と、肉体的に疲れる仕事があったら、楽な仕事を選ぶでしょう。

人間は楽をするのが好きだからです。

しかし、楽な方ばかりを選んでいては、人間はどんどん弱くなっていきます。

体も心も使わないと、衰えてしまうのです。

文明が発達すると、利便性が増し、楽になります。

文明の発達は、基本的には良いことですが、その代償として人間が弱くなってしまうので、その分を補うべく、戦略的に鍛える必要があります。

楽すぎても体に悪い

楽な生活を送ることは、良いことだと思いがちですが、実は違います。

リラックスしすぎると、自律神経の副交感神経が過度に優位になり、アレルギーなどの病気を招きます。

過食になったり、落ち込みやすくなったり、やる気や活力も失われて、鬱を引き起こす原因にもなります。

自律神経のバランスを保つためには、適度なストレスや負荷が必要なのです。

もちろん、過度なストレスや負荷はいけません。

交感神経が過剰に優位になるので、こちらも胃潰瘍、炎症など、違う病気の原因になります。

自ら負荷をかける

現代人は楽をしているので、昔の人と比べ、ちょっとしたストレスや負荷にも弱くなっています。

心も体も、楽をして衰えているので、負荷に対する耐性がありません。

意図的に楽ではない選択肢を選び、適度な負荷をかけて鍛えていけば、耐性が上がり、タフになります。

体で言えば、動きの多い方を選ぶ。例えば、エレベーターを使わず、階段を使うだけでも、
足の筋肉が鍛えられます。

血液の循環も良くなり、体に良い影響を及ぼします。

近場に行くときは、車を使わず歩くなど、大きな負荷にならない選択肢を選ぶことです。

徐々に体を鍛えておくことで、必要に迫られて肉体を使った場合でも、大きな負担にならないのです。

心で言えば、少し我慢が必要なこと、楽ではないこと、気持ちが進まないことなど、心理的負担がかかること選ぶことです。

例えば、できれば避けたいというようなこと行うとか、あえてチャレンジしてみるとか、難しい方を選ぶとかです。

事なかれ主義を決め込まないで、普通の人が言いづらいことを言うのも良いでしょう。
自分で小さい目標を決めて、それを守るのも良いでしょう。

精神を鍛えるのと同時に、肉体も鍛えられることを日常的に行うと、とても効果的です。

私が行っているのは、毎朝、半裸で体操をしたり、風呂上がりに水をかぶったり、冷風浴を行ったり、というようなことです。

忍耐力や根性が鍛えられ、精神的に強くなり、肉体的にも皮膚の抵抗力が強まり、ひいては肉体内部も強くなり、一石二鳥です。

日頃から、心を鍛えておけば、普通の人なら、大きなストレスに感じることでも、ストレスと感じないくらいになります。

負荷をかける時の注意点

負荷をかける時の注意点は、急に負荷の高いことを行わないことです。

私の知り合いに、今まで何の運動もしていなかったのに、毎朝ジョギングを始めて、足を痛めて、何か月も治らなかったという人がいました。

ケガや病気をすると、かえって負荷をかけられなくなってしまうので、徐々に負荷を上げるようにしていかなければいけません。

ジョギングで言えば、短い距離化から始めたり、ウォーキングから始めたりと、自分のレベルに合わせて、負荷を決めなければいけません。

まとめ

普通に生活をしていると、自分にとって楽なことばかりを選択し、心身を弱めることになります。

そして、病気にかかりやすくなったり、ストレスに弱い人間になってしまいます。

適度な負荷がある方が、心身に健康をもたらします。

あえて負荷をかかる選択をして、心身を鍛え続ければ、刺激に対する耐性が付き、ストレスにも強い人間になれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする