ネガティブな感情をコントロールする方法

  「ムカッと感じたから怒る」とか、 「ショックを受けたから悲しむ」というように、 怒り放題、悲しみ邦題、恨み放題、本能のままに 感情を野放しにしてはいませんか?

そのような感情から生まれる言動は、周囲の人の心を傷つけ、 また自分自身にも被害を及ぼします。

平常心にある今の状態なら、 「そんなの当たり前じゃない」と思われるかもしれませんが、 何かあったとき、いざというときに、 自分の感情をコントロールできているでしょうか?

きっと、どんなことがあっても、 自分の感情をコントロールすることができるという人は少ないと思います。

好ましくない感情をコントロールすることができたら、 もっと楽しく生活ができるし、人間関係も、もっとうまくいきますよね。

今回は、感情をコントロールする方法についてお伝えします。

人の脳は感情をコントロールできるように作られている

万物の霊長と言われる人間は、感情をコントロール できるように進化している生き物です。

感情は大脳の、古い皮質(古皮質)で営まれます。 古い皮質を超えて進化した、新しい皮質(大脳新皮質)、特に前頭葉では、 思考、理性、創造など、高次機能な活動が営まれます。

古い皮質で生まれる感情は、それ以上に進化した新しい皮質の働きである、 思考や理性、意思によって、コントロールすることができるのです。

ネガティブな感情は体に毒である

好ましくない感情とは、ネガティブな感情です。

ネガティブな感情とは、怒り、悲しみ、恐怖、不安、恨み、 ねたみ、ひがみ、復讐、イライラ、くよくよ、落胆、不平不満の気持ち…

このような、私たちのエネルギーを奪い、疲れさせる感情です。

感情というものが、私たちの体にどれだけ大きな影響を与えるか 真剣に考えている人は、ほとんどいません。

感情は、神経系統を通じて、体に大きな影響を与えます。

身近な例を挙げると、恥ずかしいことがあると、 顔が真っ赤になりますよね。

これは、心に恥ずかしいという感情を感じると、 神経を通し、顔の血管を膨張させ、血流が多く流れ、 結果として顔が赤くなっているのです。

このように、心が体に与える影響は、とても大きなものです。

ネガティブな感情は、神経系や、ホルモン系、 内臓の働きをかき乱して、私たちの健康を害してしまいます。

食欲がなくなったり、肌が荒れたり、胃が痛くなったり、 お腹が痛くなったり、白血球やリンパ球の活動が鈍り、 免疫力、抵抗力が低下したりと、実に様々な悪影響を及ぼします。

怒りの感情を感じたり、悲しんだり、恨みを感じたりすると、 ただ疲れを感じるだけでなく、体を傷つけ、 身を削っていることになるのです。

「ネガティブな感情は、体に毒である」ということを忘れてはいけません。

人間関係で疲れないためにも、健康を害さないためにも、 ネガティブな感情は抱かないようにしなければなりません。

自分の身は、自分で守らなければならないのです。

ネガティブな感情は、エネルギーを消耗し、 健康や美容をむしばみ、寿命を縮めます。

刺激に対する反応は自分で選べる

言葉や行動など、受ける刺激に対して、 どう反応するかは、自分で選ぶことができます。

オーストリアの心理学者、 ヴィクトール・フランクルのエピソードを紹介します。

”ユダヤ人の心理学者、ヴィクトール・フランクルは、 第二次世界大戦でナチスドイツの強制収容所に送られ、 筆舌に尽くし難い体験をしました。

両親、兄弟、妻は収容所で病死したり、あるいは毒ガス室に送られたりして、 妹以外の家族全員が亡くなりました。フランクル自身も拷問され、数知れぬ屈辱を受けました。

ここで彼は、ナチスの兵士でも決して奪うことのできない自由、 後に「人間の最後の自由」と名付ける自由を発見しました。

たしかに収容所の看守たちは、彼の体をどうすることもできましたが、 フランクル自身は、どの様な目にあっても、 アイデンティティは少しも傷ついていませんでした。 何が起ころうとも、それが自分に与える影響を、 自分自身で選択することができたのです。”

フランクルの発見した、 「受ける刺激と、それに対する反応の間には、選択の自由がある」 ということを図解すると、以下のようになります。  

私たちは、どんな刺激を受けても、 どう反応するかを自由に決められるのです。

ですから、自分で「どんな刺激が来ても、 心を傷つけさせない」と決めれば、 いつでもポジティブな反応をすることができます。

呼吸法で感情を鎮める

心と呼吸は、深い関わりを持っています。

気持が焦っていると、呼吸は早く浅くなります。

怒っていると、呼吸が荒く乱れます。

心の乱れは、そのまま呼吸の乱れとなって現れます。

心と呼吸は、双方向の関係にあるので、 焦りなどで心が落ち着かない状態になると 呼吸が乱れますが、逆に、呼吸が乱れると、 心も落ち着かなくなります。

呼吸は、普段は自分の意思とは関係なく、 自律神経の働きによって自動的に行われていますが、 運動神経を介して、自分の意思でもコントロールすることができます。

つまり、呼吸をコントロールすることで、 心もコントロールすることができるということです。 呼吸を整えることは、心を整えることにつながります。  

感情を鎮める呼吸法

軽く口を閉じて、鼻から音もせず、静かにゆっくりと、 規則的な呼吸を意識的に行うことで、 感情を鎮める効果があります。

呼吸をするときに、怒りや悲しみなどの ネガティブな感情を吐く息とともに体の外に出し、 吸う息とともに、ポジティブなエネルギーを 体の中に取り入れるという観念の力を使うと、 より効果的です。  

まとめ

人間は、感情をコントロールできるように進化した脳になっています。

ですから、悪感情を野放しにしてはいけません。

怒りや恐れ、悲しみなど、ネガティブな感情は、心身を弱めることになり、心身に害を与えます。

刺激と反応の間には、選択の自由があり、刺激に対して、どう反応するかは、自分で選べます。ですから、どんなときでも、ポジティブな反応を選ぶようにしましょう。

心と呼吸は相関関係にあるので、感情を鎮めるには、呼吸法を行う事が有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする