失敗しない!喜ばれるプレゼントの選び方(実践編)

コミュニケーション

前回の記事「失敗しない!喜ばれるプレゼントの選び方(マインド編)」では、喜ばれるプレゼントの選びの考え方をご紹介しました。

 

今回はプレゼントの際に、実際に何を選べばよいかについてお伝えします。

 

前回の記事「失敗しない!喜ばれるプレゼントの選び方(マインド編)」をご覧になっていない方は、「マインド編」の方を先にご覧いただいた方が、より理解が深まり、役に立つと思いますので、ぜひご覧ください。

プレゼント選びには正解がある

私の会社員時代の話です。

 

ある人から、退職者向けのプレゼントを買ってきたという話を聞きました。

 

そして、プレゼントに選んだ商品を聞いて、私は「…プレゼント選びに失敗したな」と思いました。

 

 

なぜ、そう思ったのかというと、それはプレゼントの重要な部分、「本質」を見抜けていなかったからです。

 

 

さて、プレゼントを送るときに、「最も重要なこと」は何でしょうか?

 

前回の記事、喜ばれるプレゼントの選び方(マインド編)でもお伝えした通り、プレゼントで最も重要なことは、「相手を喜ばせること」です。

 

相手に喜んでもらえれば、そのプレゼントは成功したと言えるでしょう。

 

では、どうすれば、相手に喜んでもらえるか?

 

これには、正解が存在します。

 

 

自分本位で考えれば、「プレゼントは気持ちを物質化して表現したものだから、気持ちが大切。だから、贈り物自体は何でも良い」となります。

 

 

世の中では、お歳暮やお中元などを贈るときなどに、よくある考え方ですね。

 

これは当然、正解とは言えません。

 

 

もう一歩進んで、相手のことを考えて、「相手が喜びそうなものを考えて選ぶ」。

 

これは一見、正解のように思えますが、実はこれも、多くの人がしてしまう間違いです。

 

 

なぜなら、贈る側の考える、「相手が喜びそうなもの」と、「受け取る側が喜ぶもの」の間には、大きな開きがあるからです。

 

プレゼントを受け取る側が喜ぶものとは?

お世辞などの建前を抜きにして、プレゼントでもらったものの中で、心から本当嬉しかったものというのは、とても少ないのではないでしょうか?

 

本当はいらないものでも、プレゼントされたという経験を(無意識にでも)加えることで、良いものをもらったと錯覚することもあるかもしれませんが・・・。

 

これは、地球環境面から考えると、使われないもの、不用品を増やす、資源の無駄遣いという行為であり、プレゼントの負の側面であると言えるでしょう。

 

 

イェール大学の研究でも、プレゼントを贈る側は「喜んでもらえそうか」で、ギフトの良し悪しを判断し、受け取る側は、「使えるかどうか」で判断していることがわかったといいます。

 

 

つまり、相手に喜んでもらえるプレゼントは、相手がきっと喜ぶだろうと思うものを選ぶのではなく、「相手が欲しいもの、実用性のあるもの」が正解であると言えます。

 

 

相手が欲しいものを選ぶ方法

 

「相手が欲しいもの、実用性のあるもの」を選ぶために一番良い方法は、相手に欲しいものを具体的に聞くことです。

 

こうすれば、頭を悩ませることなく、相手にとってベストのプレゼントを簡単に贈ることができます。

 

これは、贈り手にとっても、受け取る側にとっても、メリットがあり、最も良い選択といえるでしょう。

 

 

サプライズプレゼントを贈るときのように、相手に聞けない場合は、相手が欲しいものを選べる、商品券のようなものがベストと言えるでしょう。

 

 

こういうプレゼントは「味気ない」と思う人もいるかもしれません。

 

実際に私も何度となく、そんな言葉を聞いてきました。

 

でも、自分を中心にして考えるのではなく、プレゼントで最も重要なことである、「相手に喜んでもらうこと」を、一番に考えるなら、これがベストの選択になるのです。

 

 

色々な理由で、どうしても、ベストの選択ができない場合に使える、ベターな考え方もあります。

 

それは、自分がお金を払ってでも欲しいと思う商品を選ぶことです。

 

自分がもらっていらないものは、大抵の場合、他の人もいらないと感じるのです。

 

 

先程紹介したイェール大学の研究結果の論文にも、「贈り手が、自分が欲しいものを選ぶようにすると、もらい手が本当に欲しがっているものに近づく」という記述があります。

 

以下、引用文です。

 

「自分が使うために選ぶとしたら、どれが良いだろう?」と考えれば、より実用的なものを選ぶはずです。

ですから、人にものを贈る時も、「このギフトって、自分でも本当に欲しいものかな?」と自問自答してみれば、結果的にもっと喜んでもらえるギフト選びにつながるはずです。

 

プレゼント用の商品は実用性がないものが多い

世の中にある贈り物の定番ともいえる「贈答用商品」には、見た目はいいけれど、使えないというものが多いです。

 

この記事の冒頭に書いた、退職者用に選ばれたプレゼントは「重くて使いづらい、贈答用のボールペン」でした。

 

贈答用のボールペンは、見た目には高級感があり、使用しないで見るだけなら良いのですが、実際に使ってみると使いづらいことがすぐにわかる、実用には不向きなボールペンです。

 

かつて私も、入学祝に「パーカー」というブランドの、ボールペンや、シャープペンを

もらったことがあります。

 

見た目はシュッとしてカッコイイのですが、持ち辛く、書きづらいので、結局、ほとんど使わずに、数年後に処分しました。

 

筆記用具は良く使うものなので、特に実用性が重要です。

 

ペンの本質である、書くことを重視するなら、高価なペンより、安くても書きやすいペンの方が、ペンとしての価値は高いのです。

 

 

ペンに関しては、金額と実用性は比例しません。

 

例えば、グリップ部にはラバーがあった方が、手への負担が少なく、握りやすく、書きやすいですが、高価なペンになると、ラバーは使われていません(安っぽく見えるからでしょう)。

 

高級ペンは実用性より、ステータスや見た目などの、使用者のエゴを重視しているからです。

 

少数派ですが、実用性より、見た目の方が大事という人もいるので、高級ペンにも、存在価値はありますけどね。

 

 

つまり、プレゼントに贈答用の高級ペンなどの「贈答用商品」、「プレゼントの定番品」を選ぶと、相手に喜ばれる可能性は低いということになります。

 

まとめ

 

相手に喜んでもらえるプレゼントは、「相手が喜ぶだろうと思うもの」ではなく、「相手が欲しいもの、実用性のあるもの」を選んで贈ることです。

 

そして、相手の喜びを最大限にするには相手に聞くのが一番です。

 

相手に聞けない場合は、贈答用商品などの「プレゼントの定番商品」ではなく、自分がもらってうれしいもの、自分でも使う実用品を選べば、喜ばれる可能性が高くなります。

メルマガ申込みフォーム

コミュニケーション
smart-evolutionをフォローする
スマートエボリューション|あなたの成長を支援するコンサルタント

コメント

タイトルとURLをコピーしました