なぜ、良好な人間関係を作りたいなら、メール、LINEなどのオンラインコミュニケーションを使わない方が良いのか?

あなたは、メールやツイッター、LINE、フェイスブックなどのSNS(以下、オンラインコミュニケーション)で、伝えたいことが、うまく伝えられない、または伝わらないなと思ったことはないでしょうか?

私は、親しい間柄でさえも、オンラインコミュニケーションでは、うまく伝わっていないなと思うことが良くあります。

今回はオンラインコミュニケーションでは伝えたいことが、うまく伝わらない理由と、良好な人間関係を作りたいならオンラインコミュニケーションを使わない方が良い理由についてお伝えします。

文章だけで言いたいことを伝えるのは難しい

オンラインコミュニケーションでは、文章でのコミュニケーションがメインになります。

 

しかし、文章のみで言いたいことを相手に伝えるのは、相当の文章作成能力が必要です。

たとえ、相手に伝わる「うまい文章」が書けたとしても、あなたの伝えたいことが相手に伝わる割合は、せいぜい半分程度です。

 

ある研究の結果によると、メールの内容が正しく相手に伝わった割合は、わずか50%程度だと言います。

 

最大で5割。相手に伝わる文章が書けないのなら、その割合はもっと低くなるでしょう。

文章だけでは、伝えたいことが、半分程度しか伝わらない理由は、人間のコミュニケーションには、言葉や文字による言語コミュニケーションだけでなく、表情、態度、しぐさ、話し方、声のトーンなどの非言語コミュニケーションが多くの役割を果たしているからです。

表情、態度、しぐさ、身振り手振り、話し方、声のトーンなどの非言語コミュニケーションは、多くの情報を相手に与えています。

非言語コミュニケーションの大切さ

「メラビアンの法則」と言う有名な法則があります。

これは、1971年にアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが提唱したもので、言語と非言語で、矛盾したメッセージが発せられたときに、人は非言語コミュニケーションの方を信用する割合が高いという法則です。

たとえば、口では「素晴らしいですね」とほめながら、顔は半笑いでバカにしたような表情だった場合は、言葉より表情の方を信用して、本当はバカにしているんだなと思うことが多いということです。

メラビアンの法則では、言葉による「言語情報」が相手に与える印象は7%。

表情や態度などの「視覚情報」が相手に与える印象は55%。

しゃべり方や声質などの「聴覚情報」が相手に与える印象は38%となっています。

このように、非言語コミュニケーションは、相手に多くの情報を与え、コミュニケーションにおいて重要な役割を果たしています。

ちなみに、この法則はあまりに有名なので、また聞きなどによって内容が勝手に派生していき、「話の内容よりも、見た目や態度の方が重要である」という誤った説明が、本などでも紹介されていたり、セミナーでも話されることがあります。

私も実際に何冊かの本でそのような記述を見たことがありますし、セミナーで講師が話をしているのを聞いたことがありますが、この法則は言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションに矛盾がある場合に関する法則です。

話の内容より、見た目の方が重要であるいうことではありません。

足りない情報は穴埋めされる

オンラインコミュニケーションは、多くの場合、言語コミュニケーションのみになるので、非言語による情報がありません。

直接会って話すのに比べて、情報が圧倒的に足りません。

言語のみによるメッセージを受け取った相手は、足りない情報を自分の常識や思い込みで、自動的に穴埋めします。

短い文であればあるほど、解釈は多く取れるので、ただ一般的な事実を伝えたいだけなのに、暗に批判にしているのではないかと、深読みする人もいます。

その結果、あなたの伝えたいことが、伝わらないばかりか、誤解を招くもとになるのです。

さらに最も危険なのは、メッセージの送り手も、受け取った側も、言いたいことは正しく伝わった、正しく受け取れたと思っているところです。

「文章では相手にうまく伝わらないな」とか、「文章を送ってきた相手は本当は何を言いたいのだろうか?」と思う人は少ないのです。

オンラインコミュニケーションを取るときは、オンラインコミュニケーションの性質としてあらかじめそのことを頭に入れておく必要があります。

オンラインコミュニケーションは良好な人間関係を作る手段には向いていない

オンラインコミュニケーションは手軽に利用することができますが、良好な人間関係を築く手段や、交流から喜びを得る手段としては、直接会うことには到底及びません。

人間同士の交流、コミュニケーションを取るのが目的なら、オンラインで何度も連絡するよりも、たった1回でもオフラインで実際に顔を突き合わせて、話をするする方が大きな効果があります。

親しい人と会って話をすれば、自然に笑みがこぼれるものですが、オンライン上のコミュニケーションでは、そうはいきません。

笑いながら文章を作っている人などいないでしょう。

人は一人でいるときに比べ、他の人といるときの方が、30倍近く多く笑っているという研究結果もあります。

交流を深めたり、人間関係から喜びを得るという点では、オンラインコミュニケーションは、オフラインのコミュニケーションに遠く及ばないのです。

私たちは、オンラインのつながりよりも、オフラインのつながりを大切にしなければなりません。

時間はトレードオフの関係にあります。
一方を取れば、一方は捨てなければなりません。

オンラインコミュニケーションには、割と多くの時間がかかります。

話せば1分で済むことでも、同じ内容を文章で正確に伝えようとしたら、文章作成に30分くらいはかかります。

オンラインコミュニケーションに時間を使えば、その分オフラインのコミュニケーションに使える時間が短くなってしまいます。

オンラインコミュニケーションの時間を短く、オフラインコミュニケーションの時間を多くすることが、人生において、そして良好な人間関係を作るためにはとても重要なことなのです。

まとめ

オンラインコミュニケーションでは、伝えたいことは、せいぜい半分しか伝わりません。

そして、誤解を招く恐れがあることも、あらかじめ頭に入れておく必要があるでしょう。

重要ではない、ちょっとした用事を伝えるくらいならオンラインコミュニケーションでもいいかもしれませんが、ある程度大事なことを伝えるときや、コミュニケーションを取るのが目的なら、オンラインコミュニケーションは使わない方が良いでしょう。

良好な人間関係や交流から得られる喜びは、オンラインではなく、生の世界で生まれるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする