「空気」を読む方法

あなたは、「空気を読めないね」と言われたことがあるでしょうか?

私は言われた記憶があまりないのですが、 知人は「母親から空気を読むように」と言われているとのことでした。

そのときに、私が知人に向かって、 『「空気」って何のことか分かるの?』と聞いたら、 「分からない」と言っていました。

私は「空気が何か分からないと読めないよね」と言って、 空気とは何かを教えてあげました。

知人はそれ以来、空気を読むことに対して自信を得たようです。 

実は誰も分かっていない

空気とは一体何なのか?

ほとんどの人は、何となくしか分かっていません。

空気というのは、感覚的で読むものだとか、経験だとか、 インスピレーションだとか、あいまいな答えです。

ある人は、「空気なんて読めなくていいんだ。 空気は読むものじゃなくて、吸うものだから」などと強がりを言っていました。

しかし、空気は読めた方が、うまく振る舞えますし、 コミュニケーションも取りやすいのは確かです。

知ることが重要

空気の正体を知らないと、いつも手探り状態になるので、 正しい答えを得ることは難しくなります。

正体不明なままでは、正確に読むことはできません。

例えば、サッカー経験者は、ボールのどこを蹴れば、 ボールがどの様に飛ぶか知っているので、 毎回、狙った所へボールを蹴ることができます。

しかし、サッカーをしたことがない人は、 ボールのどこを蹴ればいいのかが分からないので、 狙ったところにボールが飛ぶこともあるし、 まったく違った所に飛んでいくこともあります。

これと同じように、知らないままでは、 毎回、同じ結果は出せません。

空気の正体を知らないと、空気をうまく読める時もあるし、 うまく読めないときもあるのです。 知っているのと知らないのとでは、大違いになります。

空気というのは感覚だけで言っている言葉で、 空気を読めと言っている本人ですら、 場がどういう空気なのかを正確に把握していないことがほとんどです。

空気の正体が分かれば、いつでも正確に空気を読むことができますよね。

「孫子」にあるように、「彼を知り、己を知れば百戦殆うからず」です。 

辞書によると・・・

「空気」を辞書で調べると、「その場の雰囲気」と書いてあります。

このことはみんな分かっているのですが、 「その場の雰囲気」というのは抽象的でなものです。

このモヤモヤとした、あいまいな「その場の雰囲気」を読めと言われても、 何となくは読めるけれど、正確に読めたと自信を持って言える人は少ないでしょう。

私はかつて、場がどういう空気だったのかを、色々な人に聞いたことがありましたが、 答えはあいまいなものなので、感覚に頼るしかなく、読んだ空気が正解かどうかは、 誰も自信を持てない状態でした。 

空気の正体とは?

このあいまいな空気とは何かを、最も端的に説明していると思ったのは、 「夢をかなえるゾウ」のベストセラーで有名な作家・水野敬也氏が、 恋愛体育教師・水野愛也の名義で恋愛理論をユーモラスに綴った 「LOVE理論」という本に書いてあったこの言葉です。

空気とは、その場を支配するキーマンの気分である。

この言葉を読んだときに、 「正にその通り、これが答えだ」と思いました。

このことが分かれば、空気を正確に読むことが可能になります。

場のキーパーソンを見つけて、その人がどういう気分なのか、 その人を観察し、表情や発言をに注目すれば良いのです。 

キーパーソンの見つけ方

キーパーソンを見つけるのは簡単です。

リーダー的立場の人、中心人物、感情的な人、 ムードメーカー、発言力のある人などです。

会社の会議などであれば、出席者の中で一番役職が高い人。

コミュニティーであれば、会のリーダーやムードメーカーです。

キーパーソンが分かれば、空気を変えることができる

キーパーソンが不機嫌なら、その場の空気は険悪なものになり、 キーパーソンが上機嫌なら、その場の空気は良好なものになります。

私が空気の正体を知った後に、色々な場で試してみましたが、 キーパーソンの感情を動かすことで、空気を変えることが可能です。

空気が悪いと思ったら、キーパーソンに話しかけて、 キーパーソンの気分を変えればいいのです。

まとめ

空気の正体が具体的に分かれば、 的確に空気を読むことができます。

空気を読むの「空気」とは、 その場を支配するキーパーソンの感情です。

空気が好ましくないものであれば、 キーパーソンの感情を動かせば、 その場の空気を変えることも可能になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする