人間関係を破壊する「不信感」を取り除くには?

「信じられない!」

なぜ、こんなことを言うのだろう?

なぜ、こんなことをするのだろう?

このように、思わず首をかしげるような、他人の言動に出会うことは誰にでもありますよね。

たとえ小さな不信感や疑念だったとしても、それが人間関係に大きなヒビを入れることもあります。

今回は、人間関係の不和の原因となる、不信感を取り除く方法をお伝えします。

不信感は不可解から生まれる

人間関係を悪くする大きな原因の一つである、「この人は、信用できない人間ではないか」という、不信感や疑念の気持ちは、相手ことを理解できないことから生まれます。

他人の言葉や行動を不可解に感じるということは、相手のことが理解できていないということです。

相手の言葉や行動が、自分の常識の範囲内や、理解できる範囲内にない場合に、違和感を覚え、それが不信感へとつながっていきます。

相手を理解するために聞く

「あの人は、なんで、あんなことを言うんだろうね」とか、「何考えているんだろうね」という、愚痴の様な話を聞くことは、良くあります。

しかし、本人がいないところで、理解に苦しむその人の言動のことを聞かされても、理由を推測することや、一緒になって非難することはできても、本当のところは分かりません。

不信に思ったことを他人に話すことで、溜飲は下がるかも知れませんが、人間関係にとっては、全くプラスになりません。

本当のところは、直接、相手に聞いてみないと分からないのです。

人に話したくなるくらい、頭に残っていることは、頭を悩ませたり、腹を立てたりせずに、
相手に聞いてみるのが得策です。

疑念を抱いたままでは、不和の原因になります。
聞いてみるのが一番です。

ただし、聞くときには、「なんで、あんなことをしたの?」と責めるような口調で、高圧的な聞き方をしてはいけません。

高圧的な聞き方だと、相手は、あなたが気に障ったのだろうということを察知し、後付けで理由を考えたり、面倒なことを避けようとしたりして、本当のことを話してもらうのは難しくなるからです。

どんな理由なのか、教えて下さいという気持ちで、聞かなければ相手は警戒してしまいます。

「どのような考えをしているか知りたいので教えて下さい」と言われたら、悪い気はしないでしょう。

素直な聞き方で、純粋に相手のことを理解したいから聞いているという気持ちが伝われば、相手もオープンな心で、本音を語ってくれることでしょう。

まず相手を理解して、自分も理解してもらう

不信感を感じた人は、相手の不可解な言動を取った理由を色々と考えますが、実際に聞いてみると、大した理由などないことが、ほとんどです。

時には、相手の信念や、深い考えが理由として挙げられることがありますが、大抵の場合は、深く考えて行ったことではなく、何気なく言ったり、したりしたことです。

「何考えているんだろう」と感じても、相手は「ほとんど何も考えていない」のです。

何気なく行われたことでも、信念によって行われたとしても、いずれにしても、あなたが、不可解に感じていたことを、そのままにしておくよりは、相手のことを理解する手助けになるでしょう。

なによりも、相手のことを理解しようとする気持ちが大切なのです。

まず相手の言動の理由を話してもらい、相手のことを理解しようと努め、そして、自分はどの様に感じたかも話して、相手にも自分のことを理解してもらいましょう。

何気なく行ったことであれば、次回以降は意識に残るので、気を付けるようになるかも知れません。

信念によって行ったことであれば、今後も相手の言動は変わらないかもしれませんが、言動そのものに賛同は出来なくても、考え方は理解することはできるでしょう。

まとめ

不信感というものは、相手を理解できない所から生じ、それは不和のもとになります。

相手を理解できないと感じたときは、他の人に聞くのでなく、直接、相手に聞くのが一番です。

聞くときは、相手を責めるような聞き方をしてはいけません。

相手のことを理解をするために、「教えて下さい」という姿勢で聞かなければいけません。

まず相手の言動の理由を話してもらい、相手を理解し、それに対して、自分はどの様に感じたかを話して、相手にも自分のことを理解してもらいましょう。

そうすることで、不信感を解消することができ、人間関係を良好に保つことができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする