あなたもこんな間違ったアドバイスの仕方をしていませんか?

他人に悪い所を直すように、注意やアドバイスをしたことはあるでしょうか?

ほとんどの人は、経験があると思います。

それでは、何度注意しても良くならないと思ったことはないでしょうか?

これも経験があると思います。

一般的な注意やアドバイスというのは、大抵効き目がありません。

今回はその理由と、アドバイスに対する考え方についてご紹介します。

アドバイスは双方に不利益をもたらす

他人にアドバイスをしたり、注意をするのは、善意の気持ちからですよね。

その人のためにと思って、良かれと思って言っているはずです。

しかし、一般的なアドバイスや注意の仕方―――つまり、誤りを教えてあげたり、改善策を教えたり、というやり方では、効果がないばかりではなく、双方にとって不利益をもたらしてしまいます。

注意をされた方は、注意を受けたことで気分が悪くなります。

注意を受けて、良い気分になる人はまずいません。

そして、注意に従うことはないでしょうし、注意をした人に対して、悪感情を抱きます。

注意をした方は、善意の気持ちから、せっかく注意をしたのに、相手が何も変わらず、徒労に終わります。

そして、注意をした相手から良く思われず、関係性を悪くしてしまいます。

アドバイスはなぜ効果がないのか

人は自分の信念によって行動しています。

自分の中にある行動基準と言うのは、自分が選び取ったもので、他人が変えることはできません。

人が行動を変えるのは、今まで信念として信じてきたことを、自ら変える時だけです。

だから、本人が、心からそうしたいと望まない限り、他人がいくら言ったところで、行動が変わることがないのです。

私もアドバイスされることに対して、知人から相談を受けたことがあります。

知人の会社の有志で行うBBQなどの催事に、知人は参加したくないので、いつも参加をしていないそうです。

そのことに対して、先輩が催事があるごとに、「会社の催し物には出た方が良い」というアドバイスを、いつも何度もしてくるのが、嫌だということでした。

知人はこの先輩に対して、「うるさく言ってくる人」として、悪い印象を抱いているようです。

この先輩は知人に対して、催事に参加した方が、知人のためになると思って、何度も言っていたのだと思います。

しかし、結果は、アドバイスが役に立っていないばかりではなく、知人から悪感情を抱かれるという不利益を被ることになっていたのです。

アドバイスをしても良い場合は?

お互いに不利益になるのなら、アドバイスなどしない方が良いのでしょうか?

その答えは、大体の場合においては「YES」です。

他人から、アドバイスを求められた場合は、アドバイスをすればいいと思います。

そのアドバイスが、本人にとって「本当にその通りだ」と納得した場合は、そのアドバイスを受け取り、行動を変えるでしょう。

本人の信念に合わないアドバイスは、聞くだけで、行動を変えることはないでしょう。

どうしても、アドバイスや注意を与えなければいけない場合は、相手のことを理解し、思いやりの気持ちを持って、相手のメリットになることを話し、相手にそうしたいという欲求が起こるようにしなけらばなりません。

それでも、相手は変わることがないかもしれません。

人は誰でも、他人から言われた意見では、自分の考えを変えにくいという性質を持っているからです。

他人にアドバイスをして、その行動に変化を起こすには、生半可な気持ちでは無理だということです。

相手に変わって欲しいのであれば、本当に相手の気持ちを理解し、相手に対する深い思いやりの気持ちと根気が不可欠です。

まとめ

好ましくない点を指摘する、一般的なアドバイスや注意を行っても、ほとんど役に立ちません。

ただ役に立たないばかりか、お互いに不利益になります。

他人がアドバイスに従うのは、他人がそのアドバイスに心から同意した時だけです。

アドバイスをするなら、相手を理解し、思いやりの気持ちを持って、相手に「本当にその通りだと、そうするべきだ」という気持ち、やりたいという欲求を起こさせなければなりません。

そのような気持ちがないのであれば、アドバイスはしない方が双方のためになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする